こどもちゃれんじの口コミと評判!実際の感想は?ぷち~じゃんぷ

こどもちゃれんじは、国内最大手の通信教材販売会社「ベネッセコーポレーション」が提供する、0歳~6歳の幼児用の通信教材です。2018年の通信教材(幼児)でもNo1に選ばれるなど、大変人気です。

毎月おもちゃやDVDがついてくるので、子供と遊びながら楽しく学びたい人には特におすすめです。

ママママ

今小学生になる我が子も、こどもちゃれんじを受講していました!

こどもちゃれんじの基本情報

1.対象年齢と主な内容

こどもちゃれんじの対象年齢は0~6歳となっており、各学年ごとにコースが分かれています。

こどもちゃれんじコース概要
※本記事作成時点での内容です。教材の内容は変更になることがあります。

それぞれの年齢にあったプログラムが組まれています。4月生まれなどで成長の早い場合などは、1年先取りで受講するということもできます。

2.料金

こどもちゃれんじの料金は下記の通りとなっています。記載は「baby」を除いて12カ月分一括払いの場合の月あたり費用です。月の途中で解約する場合でも、毎月払いの料金で再計算して、残金は返金してもらえますので安心です。

「baby」     2,036円※毎月払い
「ぷち」   1,697円
「ほっぷ以降」1,944円

※本記事作成時点での値段です。最新の情報は公式HPでご確認ください。

値段を安いと思うか、高いと思うかは人それぞれ感覚は違うと思いますが、この教材ボリュームでこの値段というのは、大量に受講者のいるベネッセだからできる技だなと思います。

また、チャレンジの小学生講座に入ると値段が少し上がりますので、その導入のためにやすくなっているのではないかなぁと個人的には考えているため、こどもちゃれんじは大変お得だと思います。

【体験談ブログ公開】4年間使った感想!こどもちゃれんじワーママ活用術

我が家は上の子供が「ぽけっと」の途中から受講をはじめ、「じゃんぷ」まで受講していました。(現在はチャレンジの小学生講座を受講中です。)子供もちゃれんじが大好きで、届くたびに大喜びしていました。

娘

ちゃれんじ、とどいたの!?やった~!!早くあけてあけて!!

エデュトイがすごい!

しまじろうに一緒に育ててもらった!といっても良いほど、とても助かりましたし、我が家では大活躍でした。
なんといっても、子供にとっても一番楽しみなのが「エデュトイ」

こどもちゃれんじエデュトイ
※我が家の受講時のものです。毎年改良されていますので、今のものと違います。
写真はエデュトイのほんの一部ですが、知育要素ありだけど、子供がとても楽しめるように研究されたおもちゃが送られてきます。個別で買ったらものすごく高くつくと思います。

ワーママで忙しい中、発達段階にあったおもちゃを探す手間も省けましたし、新しいエデュトイが届けば一人でもしばらく飽きずに遊んでくれ、毎月助かっていました。ちょうど飽き始めたかなぁ~という時にまた次が送られてくるのも大変助かります。

個人的には、2カ月に1度は豪華なエデュトイ、もう1度は控えめなエデュトイが送られてくることが多かったように感じました。

DVDを見てもらっている間に夕食準備!

こどもちゃれんじDVD

帰宅後の忙しい時間に大活躍したのが、DVDでした。上記の写真のように2カ月に1度、2か月分が1つのDVDになって送られてきます。エデュトイが豪華でない月にDVDが入っているイメージでした。。笑

このDVDでは、日常生活の取り組み(トイトレ・歯磨きetc)、マナー(食事・電車etc)、ひらがなや数字などの学習要素、英語までついて入ってきます。食事を用意するときくらい、テレビを見ていてほしいものですが、見せすぎが気になりませんか?こどもちゃれんじのDVDは1か月分約20分ほどで、長さもちょうどよく、何より役に立つので、テレビを見せてしまったという罪悪感がありませんでした。エデュトイの遊び方もDVDで出てくるので、エデュトイを一人で遊んでくれるきっかけにもなります。

ただ、よくてできているなぁ~と感心してしまうのがこの「2か月分が1度に届く」というシステム。つい届いた月のものだけでなく、次の月のも見たいといわれて見せてしまうと、「次のおもちゃがほしい!!」と子供はおもってしまうもの。これはなかなかやめずらいというか、子供を囲い込む戦略がすごいっと思っていました。(我が家では特に辞める気はなかったのでよいのですが。。。)

本嫌いの子供でも、しまじろうなら自分から読んでと言ってくる!

最後に、ありがたかったのが毎月ついてくる絵本でした。

こどもちゃれんじ絵本
子供には本を好きになってほしいとたくさんの親御さんが思っていると思います。私もその一人です。だから、たくさん絵本を買ったのに、読んでも全然聞いてくれない・・・うちの子はまさにそんな子でした。

でも、唯一毎月ついてくるしまじろうの絵本であれば、聞いてくれる・・・というか、自分から読んで~と持ってきていました。親しみやすいのはもちろん、低年齢のえほんは「しかけ」がたくさんあるので、めくったりするのが楽しかったようです。

こどもちゃれんじ絵本仕掛け
季節にあった内容が、楽しく取り組めるように構成されています。しまじろうだけではなく、普通のお話も入っているのがうれしいポイントでした。

こどもちゃれんじ絵本サンプル
我が家では毎日寝る前の読み聞かせにも利用していました。今でもたまに「あの話ちゃれんじの絵本に載っていたような~」と思って読むこともあります。

こどもちゃれんじのメリット・魅力

こどもちゃれんじのメリット・魅力には「楽しみながら自然と学習できる」「成長にあった取り組みが簡単にできる」といったところがあります。

楽しみながら自然と学習できる

こどもちゃれんじの魅力の一番は、やはり子供自身が楽しく取り組めることだと思います。「勉強している」という感覚は全くないままに、遊んでいたらそれが勉強になっていた・・・というのが、ちゃれんじでは可能です。

我が家では、下記のような項目はちゃれんじで身についたといっても過言ではありません。

  • 生活習慣「トイレ」「歯磨き」「着替え」「片付け」など
    →DVDや絵本、エデュトイで
  • 「考える力」「空間認識能力」
    →パズルやこどもしょうぎ、カードゲームなどのエデュトイで
  • 好奇心を育てる「体の仕組み」「植物」
    →DVDや絵本(からだのしくみえほん)、植物を育てるエデュトイなどで
  • 学習への導入「ひらがな」「カタカナ」「数」
    →DVDや音声タッチペン、ひらがななぞりんなどのエデュトイで

我が家では本当にやっていてよかったなぁと思います。

成長にあった取り組みができる

子供の成長はあっという間で、忙しい日々の中で子供にあった取り組みを自分でしていくのは大変労力のいることだと思います。こどもちゃれんじは、0歳から学年別で取り組みができるので、子供にあったおもちゃ・絵本・DVDがすべて送られてきますので、それを自然と子供が遊んでくれればOK。

また、季節の取り組みについても、毎月あれこれ絵本を借りてこなくても、季節にあったないようになっているのも大変うれしいポイントでした。

こどもちゃれんじのデメリット・注意

一方でこどもちゃれんじのデメリットや注意事項は「おもちゃが増えすぎる・被る」「ワークが少ない」といったものがあります。

おもちゃが増える・かぶる

毎月のようにエデュトイが送られてきますので、確かにおもちゃはとても増えます。我が家ではどのおもちゃも遊びつくしていて、無駄だと感じるものはほとんどありませんが、モノを増やしたくないというご家庭には少し不向きかもしれません。

また、自分で持っているおもちゃと被ってしまうこともあるかもしれません。我が家でも実際に「こどもしょうぎ」や「おいしゃさんセット」は、残念ながら家にすでにあったため、ほとんど同じ内容のものが2つになってしましました。

そんな時は、お友達のおうちにあげたり、メルカリで売ったりして有効活用できるように工夫していました。

ワークが少ない

2歳用「ぽけっと」の後半から「ちょきぺたぶっく」というハサミやノリをつかったワークや、3歳児「ほっぷ」から毎月「キッズワーク」が送られてきますが、ワークの量は正直それほど多くありません。

我が家では、ほかの習い事や市販のワーク類をやっていたため、週末にまとめて取り組んでおり、ちょうどよかったのですが、「ちゃれんじだけでワークをたくさんやりたい!」という方や「ワークメインにやりたい」と考えている方には物足りないかもしれません。

ちゃれんじはやりたいけど、ワークももっとやりたい!!という方にはオプション講座もあるので、追加で検討していくのはとても良い選択肢なのではないかなと思います。

こどもちゃれんじはこんな人におすすめの通信教材

最後にまとめますと、こどもちゃれんじは

  • こどもがとにかく楽しく遊びながら学習したい
  • 年齢や季節に合ったおもちゃ、絵本、DVDを安価でほしい
  • ワークはがっつり必要ないが、本格的な学習が始まる前に少し慣らしておきたい

という方におすすめの通信教材です。

少しでも興味を持っている方は、まずは↓の公式サイトより資料請求でお試ししてはいかがでしょうか。
>>こどもちゃれんじ公式HP

なお、ベネッセのお得なキャンペーン情報を下記記事にまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!ファミリアのバスタオルや本が無料でもらえるかもしれません★