実際に全部体験!幼児用通信教材おすすめ比較ランキング
ママママ

こんにちは。知育大好きママです。

現在小学生になる娘は、2歳ごろから通信教材を利用していました。

2人目が生まれ、そろそろ下の子用にも通信教材を始めたいと思ったとき、多くの選択肢があることに今さらながら気づきました。
(1人目の時は、私の実母が勝手にこどもちゃれんじを始めたので、検討しませんでした。笑)

そこで、実際に子供たちに体験してもらい、内容を徹底比較し、我が家の子供たちの性格・家計のことも考え悩みぬいた上で通信教材を選びました。今でも、選んだ通信教材を楽しく活用しています。

今回は、幼児用の通信教材検討した時にいろいろ調べた内容を、他の方にも是非知ってもらえたらと思い、本音で通信教材の感想を掲載しています。

ただし、あくまでランキングは個人的な見解・感想ですので、実際に気になった通信教材はぜひご自身で資料請求して確かめてくださいね。

お子様にぴったりの通信教材を探すのに、少しでもお役に立てたら幸いです♪

\おすすめを早く知りたい人はタップ/
幼児用通信教材ランキングBEST5を見る

8社以上実際に使ってわかった本当におすすめできる通信教材!

幼児用通信教材 選び方のポイント

様々な選択肢のある通信教材、特徴もそれぞれです。

私は、幼児用の通信教材の選ぶ際に大切なのは「価格」「特徴」はもちろんのこと、その他ポイントが3つあると考えました。

これらの検討ポイントをしっかりと抑えることで、お子様にあった通信教材を選ぶことができると思います。

選び方のポイント①教材アイテムの品揃え


通信教材を選ぶポイントのひとつめは、教材アイテムの品揃えが豊富なほうがよいのか、シンプルなほうがよいのかということです。

通信教材は、問題集・ワークだけのシンプルなものもあれば、ワーク類の他に知育玩具やDVD・シールなどたくさんの教材が送られてくるものもあります。
たくさん送られてくるほうが良いかというと、必ずしもそうではありません。
ご家庭によっては、おもちゃが必要以上に増えたら困る、DVDはあまり見せたくない、といった方針もあるでしょう。

とにかく安くてシンプルに、ワークをやらせたいのか。
毎月おもちゃなども含めて楽しく取り組みできるものが良いのか。
各ご家庭の方針をしっかりと決めておくとよいでしょう。

選び方のポイント②親の関わり

幼児用通信教材 選び方②
通信教材を選ぶポイントのふたつめは、親がどの程度子供に時間を割きたいかということです。

一人でDVDを見てくれたり、ワークを進めてくれたりしたほうが良いのか。
それとも一緒に遊びながら学んだり、問題に取り組むのが良いのか。

これも求める内容は各ご家庭によって異なると思います。
我が家は、ぐーたらな私が子供にどこまで寄り添えるかかなり怪しかったので、なるべく一人で飽きずにやってもらえるものがいいと思い選びました。

通信教材によって、親の関わりがどこまで必要かはかなり異なりますので、お子様の反応はもちろん、親としてどこまでできるかも重要なポイントだと思います。

選び方のポイント③教材の難易度


通信教材を選ぶポイントの最後は、教材の難易度についてです。

通信教材によって、比較的簡単でスラスラとできるものと、内容がボリューミーで難しいものと様々です。
子供に合うレベルのものを選ばないと、子供が嫌になりせっかく教材を始めたのに全くやりたがらない・・・なんてこともあります。

逆に簡単すぎてもあっという間に終わってしまい、意味があるのかないのかわからない・・ということも起こりえます。
通信教材は、大抵お試しができると思いますので、実際にお試ししてレベルを確認することをお勧めしています。

そのうえで、簡単であれば1学年上の教材を先取りしたり、ということもお子様によっては可能かと思いますので、検討してみるのがよいと思います。

我が家の場合、成長の早い上の子は1年先取り、成長のゆっくりな下の子は学年通り通信教材を受講しています。

さて、これら3つのポイントを元に、ランキングを作りました。幼児用通信教材選びの参考になれば幸いです。

幼児用通信教材おすすめ比較ランキング

人気の幼児用通信教材を徹底比較してランキング形式にしました。

「じっくり比較検討する時間がない」という方は、この中から選び、お試ししてみることをオススメします(^_-)-☆!

  1. こどもちゃれんじ 教材レビュー

    こどもちゃれんじ

    価格:ひと月あたり
        1,980円~(年少、12カ月一括払い、税込)
    価格   割高割安
    教材の種類 少
    親の関わり 少
    難易度   易

    ※星の数は難易度や大小を表しており、数が多いほど評価が高いわけではありません。

    我が家の長女も実際に4年間受講し、現在も小学生講座でベネッセにはお世話になっていることから、No.1にさせていただきました。

    豪華なエデュトイ(知育玩具)にDVD、仕掛けもついた絵本にワークと内容がとても充実しています。
    さすがベネッセ、受講者数が多いから実現できる内容だと思います。

    DVDを見せれば、親があれこれやらせようとしなくても自然と知育玩具や絵本、ワークに取り組んでくれます。
    もちろん、一緒に遊んだり、読み聞かせをしたりするのも楽しいです。

    マナーや生活習慣や遊びと簡単な学びは、全て「こどもちゃれんじ」で身についたといっても過言ではないです。

    ワークは正直やや少ないですが、教材も種類がたくさんで充実しており、価格も2,000円前後と内容のわりにお安いと感じます。特に1人目のお子さまにはおすすめです。

    こんな人にオススメ!

    ・こどもと楽しく遊び感覚で学びたい。
    ・年齢や季節に合った「おもちゃ」や「DVD」も安価でほしい。

    こんな人には向いていないかも・・・

    ・モノが増えるのは嫌だ。
    ・ワークを中心に、たくさんやりたい。

    実体験ブログ 公式ホームページ


  2. スマイルゼミ

    価格:ひと月あたり
        2,980円~(幼児コース、12カ月一括払い、税込)
    価格   割高割安
    教材の種類 少
    親の関わり 少
    難易度   易

    ※星の数は難易度や大小を表しており、数が多いほど評価が高いわけではありません。

    幼児用の通信教材で唯一タブレット型に対応しているスマイルゼミ。

    我が家の2人目の子供が、現在スマイルゼミを受講しているので、No.2にさせていただきました。

    タブレットだから教材はこれ一台でOKで、幼児期のお出かけ時に子供が騒いだり、待ち時間になかなか落ち着いていられない場合も、タブレットを持っていけば学習に時間を有効活用できます。

    子供もタブレットを珍しがって楽しく学習ができるのでお勧めです。

    学習できる項目は国語・算数・英語・理科・生活・知恵とたくさんあり、繰り返し学習することができます。

    問題を音声で読み上げて、丸付けも自動でしてくれるので、他の教材と比較して親の関わりが少なくて済むので、忙しいワーキングマザーの方にもおすすめです。

    ひらがな等の文字や数字については、書き順までしっかり教えてくれるのが、紙の教材ではできないことなので、とても素晴らしいと思います。

    一方で、既に平仮名や数字がある程度かけるお子様には、難易度的に少し物足りないかもしれません。

    また、初期費用としてタブレット代がかかる上に、受講料も2,980円からと決して安くないのが難点です。

    こんな人にオススメ!

    ・モノを増やしたくない。タブレット一台で済ませたい。
    ・親が付きっ切りで教えるのではなく、一人でも学習してほしい。
    ・国語や算数の他、季節や英語、知恵等ワークを繰り返し学習させたい。

    こんな人には向いていないかも・・・

    ・すでに、ひらがなや数字の読み書きができるお子様。
    ・タブレットではなく、紙で学習させたい。
    ・費用を安く抑えたい。

    実体験ブログ 公式ホームページ

  3. Z会

    価格:ひと月あたり
        1,870円~(年少コース、12カ月一括払い、税込)
    価格   割高割安
    教材の種類 少
    親の関わり 少
    難易度   易

    ※星の数は難易度や大小を表しており、数が多いほど評価が高いわけではありません。

    中学受験などにも強いイメージのZ会ですが、幼児コースの最大の特徴は、「体験学習」にあります。

    確かに幼児期の子供にとって、机上の学習よりも、自分自身で「見て」「聞いて」「触って」「やってみる」という実体験が一番大切であるというのは、納得のできる話です。
    こういった体験が「後伸び力」につながるとのこと。

    この、親子で取り組む「ペアゼット」という教材を利用し、実際に子供と料理をしたり、簡単な実験をしたりします。

    材料は、普段から家にあるようなものを用意すればOKです。
    ただ、体験が大事というのはわかるけれど、毎回子供と一緒に取り組むのは大変・・・という方には残念ながら向いていないと思います。(我が家はそのためにZ会は選択しませんでした。。。)

    そして、体験学習だけでなく、ワークもとても充実しています。
    年中コースからは、しっかりひらがなや数字を練習するワークも出てきて、とてもやりごたえがある、やや難しめのワークです。さすがZ会!

    こんな人にオススメ!

    ・親子でじっくりと向き合って学びたい。
    ・体験学習をしっかりさせたい。
    ・知育玩具などのアイテムは不要。
    ・やや難しい問題にも取り組ませたい。

    こんな人には向いていないかも・・・

    ・親の負担が大きいのは大変!
    ・あまり難しい問題はやらせたくない。
    ・かわいいキャラクターなどが出てきたほうが良い。

    実体験ブログ 公式ホームページ

  4. まなびwith

    価格:ひと月あたり
        2,117円~(年少コース、12カ月一括払い、税込)
    価格   割高割安
    教材の種類 少
    親の関わり 少
    難易度   易

    ※星の数は難易度や大小を表しており、数が多いほど評価が高いわけではありません。

    まなびwithは小学館が提供する通信教材で、香川照之さんが「思考力」をテーマにCMされていますね。

    私は、まなびwithはとてもバランスのとれた教材だと思います。キャラクターも、教材も、真面目過ぎず、砕けすぎずちょうど良いところをついているな~と思います。

    難易度的にも、ちゃれんじやスマイルゼミよりは難しいけれど、Z会よりは簡単かなぁという気がします。

    教材の種類も、こどもちゃれんじのように大量のおもちゃが届くというわけではないものの、DVDや特別教材を年に数回送ってくれます。

    教材のワークや絵本もとてもカラフルで、シールなどを貼りながら楽しく学べます。また、小学館らしく図鑑のプレNEOと対応したワークもあり、様々な知識に触れることができます。

    ただ一つ、バランスが良いということは、決め手に欠ける・・・とも言うかなぁと思います。

    大々的にPRしている「思考力」を高める問題も、今やどの通信教材でも取り入れられており、特に「まなびwithはこれがあるから思考力が伸びるんだ!」とハッキリしたものはないのでは・・と感じました。

    また、受講は最低でも3カ月は必須なので、必ず資料請求してサンプルを体験してからの申し込みがおすすめです。

    こんな人にオススメ!

    ・DVDや絵本、知育用品がありすぎても困るが、全くないのも寂しい。
    ・ワークで楽しく学ぶのはもちろん、たくさんの知識に触れてほしい。

    こんな人には向いていないかも・・・

    ・とりあえず短期間の受講を検討している。
    ・ワーク以外は一切不要という方。もしくは、逆に知育玩具がたくさんほしい方。

    実体験ブログ 公式ホームページ

  5. ポピー

    価格:ひと月あたり
        980円~(年少コース、12カ月一括払い、税込)
    価格   割高割安
    教材の種類 多
    親の関わり 多
    難易度   易

    ※星の数は難易度や大小を表しており、数が多いほど評価が高いわけではありません。

    最後に、価格重視派の方にオススメしたいのが「ポピー」です。

    あれこれおもちゃやDVDなどはついてこないのですが、かわいいキャラクター・カラフルな誌面にシールなどがついているので、お子様も楽しく取り組んでくれると思います。

    取り組みやすい内容で、難易度は高くないので、まず学習習慣をつけるというのにも良いと思います。
    また、お子様の成長が早いので、1年先取りさせたいという方にもちょうどよい通信教材だと思います。

    こんな人にオススメ!

    ・価格はなるべく安いほうが良いが、子供の喜ぶかわいいワークが欲しい。
    ・アレコレたくさんの教材は不要。まずは楽しく学習習慣を身に着けたい。

    こんな人には向いていないかも・・・

    ・ワークだけでは、物足りない。
    ・1学年先取りはしたくないが、それなりに難しい問題を解かせたい。

    実体験ブログ 公式ホームページ

幼児用通信教材を徹底比較した表

ランキングを作るにあたって、人気の幼児用通信教材の比較しました。ぜひ通信教材選びの参考にしてください。
幼児用通信教材|徹底比較表