玉井式図形の極み口コミ評判

玉井式の「図形の極」(極み)が気になっている方必見!
この記事では、図形の極みの基本から、実際の受講者たちの口コミまでまとめています。

ぽんずママぽんずママ

図形の極みは、図形に特化し、デジタルと紙テキストで学べる無学年式の教材です。

かなりハイレベルな内容も含まれており、中学受験したり、上位を目指すお子さんに大人気の教材です。
私の知る限りですが、ここまで図形に特化した教材って他にはないと思います。

図形を通じて「イメージング力」がしっかり身につく効果があると思いますので、ぜひお子さんに合うかどうかチェックしてみてくださいね。

なお、図形の極みは各地域にある学習塾で受講できます。
その中でも「イング」には、図形の極みをオンラインで受講できる講座があります。

資料請求するとボリュームたっぷり(なんとP80)の体験版問題集がもらえますので、まず内容を確認したい方は資料請求してみてください。

図形の極み体験版テキスト

↑1冊のりっぱな問題集レベルの体験版です…。

  • 下記ページの無料体験から資料請求可
  • 「オンライン図形の極」選択で問題集がもらえる


無料
図形の極の資料請求

リンク先:https://www.ing-edu.com/tamaishiki/

全80ページの体験版問題集が無料でもらえる!

【この記事の著者】
ponsmamaiconmam-blogger
ぽんず(pons)
2児のワーママ。
教育ママで、10社以上の通信教育や知育グッズを実際にお試ししています。
詳細プロフィールページ

図形の極みってどんな内容?

ぽんずママぽんずママ

まずは、玉井式について簡単に説明しますね。

玉井式を提供する「株式会社タマイインベストメントエデュケーションズ」は、「グローバル社会を生き抜く能力を育てる教材」を作っています。

「図形の極」以外にも、「国語的算数教室」「おうちdeイングリッシュ」「Eeそろばん」などの人気コンテンツを提供し、全国の学習塾でも、その教材が導入されています。

玉井式の教材に共通するのは「イメージング力」です。
玉井式のどの教材も、アニメーションなどを利用して、お子さんが具体的な内容を思い浮かべることができるように、工夫されているんです。

ぽんずママぽんずママ

その中でも図形は一番「イメージ力」が大切な分野かもしれませんね。

玉井式の図形の極みには、5つの大きな特徴があります。

玉井式の図形の極みの基本

 

それぞれについて解説していきますね。

理解度に合わせた無学年式図形教材

図形の極みは、子供のレベルに合わせて進めていくことができる「無学年式」の教材です。

図形の問題約3000問を7つの分野に分類し、その上で10段階の級に細分化されています。

玉井式図形の極み無学年式教材
級の進行に合わせて問題内容を高度化しながら学習していく、スパイラル方式を採用しています。

一般的な小学生の場合、下記の級からのスタートがよく推奨される級のようです。

  • 小1・2⇒10級
  • 小3・4⇒ 9級
  • 小5・6⇒ 8級

 

それ以降のレベル感については、諸説あるようですが、、、

  • 6級からは四則演算ができないと解けない
  • 5級以降は中学受験レベル以上
  • 1級ともなると高校受験を考えてもハイレベルな内容

 

となっているようです。

スタートする級は受講する塾と相談して決めることが多いようです。
どんどんお子様のぺースで進めていき、該当のテキストを終えて、進級テストに合格すれば、進級できます。

資料請求するともらえる体験版は「10級~7級」までの内容が入っていますので、ぜひお試ししてみてください。
玉井式「図形の極み」資料請求はこちら

映像・デジタル教材で分かりやすく学習しやすい

図形の極みは「テキスト教材」と「デジタル教材」を併せて使って学習します。
図形といえば、紙面上ではどうしてもイメージがわかずに、苦手になってしまうお子さんもいる分野ですよね。

玉井式の図形の極みは、動画で解説してくれるのでとても理解が進みます。

実は図形の極みは2021年度から「KIWAMI AAA+」という特許を取得した技術が利用され、更に進化しています。
⇒参考*特許学習支援システム、プログラム

AAAというのは、下記3つのことです。
玉井式図形の極みAAAアニメーションは前述の通りですが、それだけではなくアプリでは、自動で出題する問題を調整してくれる「AI」が搭載されています。

さらに「AR」とは、拡張現実のことで、実際にスマホやタブレットのカメラで実物の図形がそこにあるかのように投影される機能です。

ぽんずママぽんずママ

そんなこともできるなんでスゴイですよね!

更に、紙教材とセットなので、デジタル上はできるけれど、紙面になると全然できない…ということも防げます。
実際にテストなどでは、紙面上で解くことになりますから、やはり「紙教材」と「デジタル教材」のハイブリッドスタイルは理想的だなと感じます。

学べる7分野で図形を極める

玉井式の図形の極みは、7分野に分かれています。

分野取り扱い級
平面図形10級~
立体図形10級~
展開図10級~
角度10級~
垂直と平行8級~
3級~
動く図形6級~

それぞれがバランスよく、また適切な級で出題されることで、図形分野を網羅的に学ぶことができます。
また、図形はもちろんなのですが、級が上がってくるとそれなりの計算力も必要になってきます。

しっかりと継続していけば、「図形」も「計算力」もどちらも鍛えられそうです。

全国各地の塾で導入、オンライン受講も

「図形の極」は玉井式の教材です。
しかし、その他の玉井式教材「国語的算数教室」「おうちdeイングリッシュ」「Eeそろばん」などは、「おうちで玉井式」で直接受講することができるのですが、「図形の極」は、直接学習することができません。

では、どうやって学ぶの?というと、図形の極みが導入されている学習塾で学習することができます。

こちらの全国の導入団体一覧で調べることができるのですが、ちょっとたくさんあって違いなども良くわからないんですよね‥‥。

有名どころだと「市進学院」や「馬渕の個別」あたりでも導入されています。

その中でオンラインで受講できると人気なのが、「イング」という塾。
図形の極みオンライン塾
大阪を中心とする学研グループの塾なのですが、図形の極みを自宅で学習できるコースがあり、全国どこでも受講ができるんです。

図形の極みの受講料は、塾によっても多少ですが異なる場合があります。
正直、オンラインの場合は通うよりも安上がりですし、通塾の手間もないので、他の習い事に忙しいお子さんにはオススメ。

とりあえずイングで資料請求すれば、体験版の立派な問題集がもらえるので、下記から資料請求してみてください。

玉井式「図形の極み」資料請求はこちら

玉井式の図形の極み、口コミ・評判はどう?

実際の私の口コミやSNSでの評判をまとめてみました。

玉井式の図形の極みは本当に、知る人ぞ知る教材という感じで、特に中学受験を検討している家庭や、教育熱心なご家庭に取り入れられているなと感じます。

正直、探しても悪い口コミ・評判はほとんど見られなかったのですが、あえて絞り出してみました。
結論からまとめると、以下のようになります。

デメリット
  • 難しい
  • 受講できる塾が限られている
  • 料金が高い
メリット
  • デジタル教材で分かりやすい
  • シンプルで学習に集中できる
  • 図形の力がつく、効果を感じる

具体的な内容をご紹介していきますね!

図形の極み・悪い口コミ

まず、デメリットからお話したいと思います。
ほとんど良い口コミばかりだったのですが、「難しい」という声はあります。

確かに、図形の極みは学校などの学習とは、比べ物にならないくらいハイレベルだと思います。
そもそも勉強に苦手意識があるようなお子さんにやらせようとすると大変かもしれません。

また、SNS上には特になかった声なのですが、個人的には、「受けられる塾が限られる」「料金が高い」という点もデメリットかなと感じました。

特に通塾で、図形の極みを学習したい場合は、近所に図形の極みを導入している塾がないといけないですし、料金もやはり8,000円近くすることが多いようです。

もし、高いな~とか、通塾は負担だなぁと感じる方は、オンラインで受講するとその分費用も抑えられますのでおすすめですよ。
※イングの場合は、月額¥4,950(税込)で受けられます。

玉井式「図形の極み」資料請求はこちら

図形の極み・良い口コミ

良い評判としては、とにかく分かりやすいという声が多かったです。

実は、図形の極みは、玉井式の教材の中でも、かなりシンプルなんです。
これが図形の学習に集中ができて分かりやすく、個人的には良いなと感じる点でもあります。

逆にキャラクターなどがいないと、学習のモチベーションが維持できないようなタイプのお子さんには、辛いかもしれません。
でも中学受験をするような層にはピッタリだと思います。

また、実際に力がつくというのを実感されている口コミも多かったです。

無学年式で、徐々にレベルアップしていけるので、実際に効果を感じている方が多いようです。
こんな感じの口コミもありました。

ただ、実際にお子さんに合っているかどうかは、内容を見てみないと分からない面も多いと思います。
イングであれば、体験版問題集がもらえますので、まずは資料請求からしてみてくださいね。

  • 下記ページの無料体験から資料請求可
  • 「オンライン図形の極」選択で問題集がもらえる


無料
図形の極の資料請求

リンク先:https://www.ing-edu.com/tamaishiki/

全80ページの体験版問題集が無料でもらえる!