東進オンライン学校の口コミと評判

この記事では、東進オンラインが気になっている方に向けて、東進オンライン学校の特徴から口コミ・評判(メリット&デメリット)、料金まで、詳しく解説していきます。

ぽんずママぽんずママ

東進オンライン学校を一言であわらすと「超ハイクオリティな授業動画がメインの通信教育」です。

プロ講師の授業が毎週配信され、しかも料金は2,178円~/月、半年の間であればいつでも見ることができます。
実際に受講してみた我が家の口コミも併せて掲載していますので、ぜひ読んでみてくださいね!

  • 算数の先取り・さかのぼりが自由に
  • 14日間お試し入会期間あり
  • まずは資料請求するのもおすすめ



公式
東進オンライン学校

中学部はこちら↓
https://www.toshin-online.com/chugaku/

ハイクオリティな授業が自宅で受けられます

東進オンライン学校の基本内容や特徴は?

まずは簡単に東進オンライン学校の特徴を、下記項目に沿って説明しますね。

「東進」×「四谷大塚」の最強タッグ

東進オンライン学校の最大の特徴は、超人気予備校の「東進」と中学受験塾「四谷大塚」のタッグで生まれたハイクオリティな授業動画です。

東進といえば、大学受験の予備校として人気講師の映像授業を配信しています。
よくテレビに出ている林先生も、東進の講師ですよね。
私が大学受験生だった時(…〇〇年前)から、映像授業を配信していた、いわば「オンライン授業の先駆け」です。

一方で四谷大塚は中学受験で実績を上げている塾です。
中でも、四谷大塚だけでなく、他の塾にも幅広く利用されているテキスト「予習シリーズ」は、中学受験界で「ヨシリ」と略され大きく支持されています。

その東進&四谷大塚のノウハウを活かして作られているのが、この「東進オンライン学校」。
実は授業は「実際の四谷大塚」の講師が担当しています。

受講の進め方とイメージ

東進オンライン学校は下記3つのステップで学習を進めていきます。

ステップごとに解説していきますね。

Step1.オンライン授業

まずは配信されるオンライン授業を受講します。
東進オンライン学校にログインすると、カレンダーが表示されているので、日付に合った授業をクリックすればOK。

東進オンライン学校カレンダー

授業は配信から6か月間はいつでも見ることができるので、特定の曜日に予定が合わなくてもOKです。
授業はこんな感じです↓

テキストは、インターネット上からダウンロードができます。

東進オンライン学校のテキストダウンロード事前に印刷しておくと良いですよ♪

Step2.確認テスト

授業毎に、確認テストが用意されています。
授業を受けた後にすぐ受けられます。

東進オンライン学校の確認テスト

こちらも、PCやタブレット上から簡単に受けることができます。

Step3.月例テスト

月末になったら、月例テストを受けてみましょう。
こちらも、PCやタブレット上から受けることができます。

東進オンライン学校の確認テスト

間違えた問題はどの授業を見返すと良いのかが、わかりやすく表示されるので、復習もしやすくなっています◎

公式HPから資料請求/お試しする

対象学年と学べる教科

東進オンライン学校には、小学部と中学部があります。

小学生1年生から中学生3年生まで、誰でも受講ができますが、学べる科目は少しずつ違います。
小学生の場合の科目と授業配信イメージをまとめました。

東進オンライン学校の配信授業スケジュール

やはり算数は大事な科目なので、週2回も授業があるんですね。
小1・2は国語と算数、小3~6は国語・算数・理科・社会の4教科学習できます。
各授業毎に確認テスト、月1回月例テストももちろんあります。

なお、中学生では、「数学」と「英語」の2教科が対象になります。

公式HPから資料請求/お試しする

レベル感と先取りについて

さて、気になるのは各教科のレベル感ではないでしょうか…?
中学受験塾の「四谷大塚」の先生が授業をしてくれるとなると、受験用のとってもハイレベルな授業で難しいのかしら??と思うかもしれません。

しかし、東進オンライン学校の授業の内容は、中学受験用ではありません。
かといって、とっても簡単なわけでもないと感じます。

実は東進ハイスクール学校小学部は、下記のとおりの授業が行われています。

  • 算数:学校の教科書・カリキュラムに近い
  • 国語・理科・社会:完全オリジナルカリキュラム

基本的に算数は、学校の教科書・カリキュラムからは大きく外れていません。
それ以外の教科については、独自のカリキュラムとなっており、子供が各教科に大きく興味関心を持てるような内容です。

各学年での学習レベルの目安を表形式にまとめてみました。

算数国語理科社会
1年生足し算・引き算を通じて
数や図形に親しむ
場面を思いうかべる
2年生かけ算を習得し、計算の意味と性質を理解する自分と登場人物を重ね
気持ちを想像する
3年生かけ算のひっ算・分数と小数の学習を通じて数の理解を深める
図形の感覚を豊かにする
本文中の表現に基づいて
客観的に気持ちを読み取る
身の回りの生き物や現象に興味をもち楽しく学ぶ都道府県のようすや身近な社会科学的事象に興味を持ち、楽しく学ぶ
4年生わり算のひっ算や分数の計算を正確に行い、思考の仮定を多面的にとらえる力を身につける一冊を通して、物語の構成を客観的にとらえる日常に潜む不思議に気づき真相に迫る日本で行われている産業を知り、現在の日本について学ぶ
5年生速さや割合の概念を理解することで、数や図形の性質や計算方法を考察する力を養う作者の視点に立って、複線や表現上の工夫に気づく理科的視点を養い、様々な事象を考えていく日本の歴史について知り、昔と今の日本について学ぶ
6年生比や文字と式などの学習を通して、抽象的な概念を用いた考察力を身につけ、中学数学につなげるストーリーの展開、構成を作者の視点から分析し、その狙いや表現方法の効果について考察する科学的な思考力を使って問題を解決する日本の国の仕組みや外国との関係を知り、世界の中の日本を学ぶ

表面的に知識を覚えればOKという学習ではなく、学習の土台となるような力を身につけていくようなカリキュラムですよね。

それでも、「うちの子には学年通りの内容だと物足りないかも…」というご家庭もあると思います。
特に算数は、学校準拠なのでそう感じる方も多いかもしれません。

それがなんと、7月からいつでも「申し込み学年」+「1学年上」or「1学年下」の2学年分の算数の授業がいつでも受けられるようになりました。
東進オンライン先取り算数

これはめちゃくちゃうれしいですよね。
算数が苦手な場合は、逆に1学年下を選択するのもよいですよね。
東進オンライン学校算数さかのぼり

資料請求をして、詳しい各教科のレベル感を確認しておくことをおすすめします。
公式HPから資料請求/お試しする

メリット編:東進オンラインの口コミと評判!

実際に「東進オンライン学校」を受講してみて感じたことや、SNSでの口コミ・評判をまとめると、大きく分けると下記3つのメリットがあることが分かりました。

東進オンライン学校のメリット
  1. ハイクオリティ授業
  2. Wテストで学力チェック
  3. 料金が安い
やっぱりスゴイ!

 

実際の内容を解説していきますね!

メリット①圧倒的ハイクオリティ授業!教科別にスゴさ解説

一番のメリットは、冒頭の特徴でも書いていましたが、授業のすばらしさです。
SNSで口コミを調べても、圧倒的に評判がいいのは授業について。

「おもしろい」という声が圧倒的に多いです。

とはいえ、授業の何がスゴイの???と思う方もいらっしゃると思いますので、各教科ごとの授業について少し内容をレポートしていきますね。

国語の精読がめちゃくちゃいい

私個人的な意見ですが、東進オンライン学校の中で一番イイ!と思ったのは、実は国語なんですね。
東進オンラインの国語の授業は、「精読」です。

各学年のレベルに合った良書を、2か月かけて読んでいく授業スタイル。

例えば、こういった本を読んでいきます。

1・2年生


3・4年生

5・6年生

↓1回目の授業がまるっとみられるので是非チェックしてみてください。

読書習慣って、本当に人生の財産になりますよね。
本が苦手なお子さんでも、丁寧で楽しい授業を通じて「続きが気になる」「もっと読んでみたい」と思わせてくれるような授業です。

こういった良書を扱って精読していく授業は、学校はもちろん、他塾でもなかなか受けられるものではないので、本当に価値があると思います。正直これだけでも授業料分の元が取れるくらい良い授業だなぁと思ってしまいます。

苦手克服にも◎の算数

算数の授業は、教科書の内容と同じようなペースで進んでいきますが、ここでも丁寧な解説でめちゃくちゃ分かりやすいです。

東進オンライン学校の算数授業

また、授業の中で実際に問題演習&解説がしっかりあるので、ぼ~っとしていて身についていない…ということが避けられるようになっています。

先生の解説のホワイトボードもとっても見やすいですね。

理社も完全オリジナルカリキュラム!

理科と社会もとっても魅力的な授業です。
どちらも、こどもの好奇心をはぐくむような内容ばかりで、「楽しい」「もっと知りたい」という気持ちが持てるようになっています。

理科は、実験している様子や、実際の写真などがテンポよく出てくるので、とても分かりやすいですね。
東進オンライン学校の理科授業
この辺りもさすが東進の授業だな…と思います。
また、身近な題材から授業に入っていくことも多く、子供の興味を引き付けるのが本当にうまいです。

社会は、結構ハイレベルな内容で驚きます。
特に小3の社会は学校では、まだ「町探検」といったような軽めの内容が多いんです。
しかし、東進では「小3から都道府県」、「小5で歴史」、「小6で世界と日本の関係」などのテーマを扱っています。

東進オンライン学校社会の授業

ハイレベルな内容ですが、こちらも理科同様映像や身近な話題が多く、子供が楽しく学べるような工夫がされています。

メリット②Wのテストで定着度が分かる

こちらも受講の進め方の章で記載しましたが、東進オンライン学校では2種類のテストがあります。

テスト

1つ目は、授業後すぐに理解度をチェックできる「確認テスト」です。
やった後にすぐに、テストという名の演習問題に取り組めるので、定着もしやすくなっています。

2つ目は、月に1度の「月例テスト」です。
もし月例テストができていなかった場合、どの回を見直しすればよいかはっきり結果に出ているので、復習もしやすいです。

メリット③料金が安い

ここまでの内容を見てもらうと分かると思うのですが、東進オンライン学校は「通信教育」とありますが、「塾」にかなり近いと感じます。

週2回、塾に通うとなるとかなり料金が必要になりますが、東進オンラインは月2,178円から受講できます。
学年や支払方法によって料金が違うのでまとめてみました。

小学部12か月一括払い毎月払い
1・2年生
(2科目)
2,178円/月2,497円
3~6年生
(4科目)
2,497円/月3,762円

この価格、塾はもちろんなのですが、チャレンジやスマイルゼミといった通信教育と比べても、かなり安いです…。

公式HPから資料請求/お試しする

デメリット編:東進オンラインの口コミと評判!

次にデメリットをお伝えしておきたいと思います。
どんな通信教育でもメリットがあれば当然デメリットもあるので、しっかり理解した上で検討してみてくださいね!

東進オンライン学校のデメリット
  1. 教材やテストの郵送がない
  2. 好きな単元だけ見られない
  3. 記述問題の添削等はない

デメリット①:教材やテストの郵送がない

東進オンライン学校は、テキストはいつでも自由にダウンロードできるのですが、自分で印刷をする必要があります。

テストも、タブレットやPC上で受講できるのはとても便利なのですが、紙でやったほうがやりやすいかな…と思うことも正直あります。
自宅にプリンターがあったり、近くにコンビニがあって印刷ができるかどうか、ご自身の環境を確認してみてくださいね。

デメリット②:好きな単元だけ見られない

東進オンライン学校は、受講開始後の動画は半年間は閲覧可能です。
しかし、「過去の学年にさかのぼって復習したい」、とか「先に特定の単元だけ先取りしたい」というようなことはできません。そのため、自由にあれこれ色々その時の状況に合わせてカスタマイズしたい方には向いていません。

ただし算数については前述の通り、2022年7月から2学年分の授業がいつでも受けられるようになりました。

また、実はこれはメリットにもなり得るんです。
先取りやさかのぼりできる教材は、自由度が高い分その時に何をやったらよいかは自分で計画を立てなくてはなりません。
気づいたら何をすればいいのか分からなくなってしまい続かない…というような例も実際にあるようです。

東進オンライン学校カレンダー

東進オンライン学校はその分、毎月カレンダーで配信講座をしっかり管理できますので、いつ何をやればよいかはっきりしています。
そのカリキュラムに乗っておけば、学力向上が見込めるので、このあたりはご家庭によってメリットとなるか、デメリットとなるかは分かれそうですね。

デメリット③:記述問題の添削等はない

東進オンライン学校での問題演習は、授業のテキストの中で行うものの他に、テストがあります。
このテストは基本的に選択問題になっています。

選択問題でも十分に理解度をはかることができる問題にはなっていますが、記述問題が欲しい!添削もしてほしい!という場合は物足りなく感じてしまうかもしれません。

公式HPから資料請求/お試しする

東進オンライン学校はこんな人におすすめ!

最後に、これまでの内容をまとめて、こんな人に東進オンライン学校がオススメかな?というポイントをまとめてみました。

東進オンライン学校はこんな人におすすめです
  • 楽しく学習をしたい!知的好奇心を刺激する授業を受けたい!
  • 通塾は、費用面やスケジュール面から難しいが、プロの講師の授業を受けさせたい
  • 学校だけでは身につけられない学力をつけたい
  • 読書の楽しみを見つけてほしい
    ・・・・などなど

 

どれか一つでも当てはまるのであれば、検討してみる価値があると思います。

ただし、問題演習を中心としたワーク類が、毎月届く通信教育が良い方には向かないでしょう。
その場合は、他の通信教育や市販の問題集と併用していくのもアリだと思いますよ◎

  • 算数の先取りが可能になりました!
  • 14日間お試し入会期間あり
  • まずは資料請求するのもおすすめ



公式
東進オンライン学校

中学部はこちら↓
https://www.toshin-online.com/chugaku/

勧誘などは一切ありません!