浜学園に向いてる子は?口コミ評判まとめ月謝についても

関西圏で中学受験塾のトップを走る「浜学園」。今回は浜学園に向いてる子はどんな子なのか、浜学園の口コミ評判や他塾との比較を通じて見ていきたいと思います。

ぽんずママぽんずママ

早速ですが、私個人の意見として浜学園の「向いてる子」と「向いてない子」の違いをまとめてみました。

向いている子
  • やるからには難関校を目指したい
  • 親もサポートする覚悟がある
  • 子供は勝気・負けず嫌いな性格
  • 一流授業やカリキュラムが良い
向いていない子
  • 無理なく中堅校以下を目指したい
  • 親は塾に全てを丸投げしたい
  • 子供がおとなしい・競争が苦手
  • 子供に勉強の習慣がない

ちなみに浜学園には「自走できる子」が良いとの意見もあるようですが、個人的には小学生に自走(子供自身でスケジュール管理や勉強をする)は、かなり難しいので、そうでなくても大丈夫だと思います◎
ただし、その場合親のサポートは必要です。

まずは資料請求・体験授業から



浜学園には、受講コースがたくさんあったり、公式に月謝が載っていなかったりします。
まずは資料請求してみましょう!どういった塾なのかもとてもよくわかりますよ!

【この記事の著者】
ponsmamaiconmam-blogger
ぽんず(pons)
2児のワーママ。
教育ママで、10社以上の通信教育や知育グッズを実際にお試ししています。
詳細プロフィールページ

浜学園の口コミと評判・特徴は?

浜学園といえば、関西圏・東海圏の超難関校の合格数で、圧倒的No.1を誇る中学受験塾です。
お子さん4人全員が東大理Ⅲに合格した佐藤ママのお子さんたちも、浜学園出身ですよね。

「オルパスくん」というイルカのキャラクターが人気です🐬
難関校の実績から見ると、関東なら「SAPIX」、関西なら「浜学園」というイメージ。

ぽんずママぽんずママ

うちは関東在住なので、子供はSAPIXに通っていますが、関西に住んでいたら浜に通わせたと思います。

浜学園の評判や口コミは色々とあるのですが、以下のような内容が多いです。

  • 一流講師陣のハイレベル授業
  • 徹底した復習主義→課題量は多い。
  • 意外!?強力なサポート体制が整っている
  • 月謝は高い…?

それぞれ詳しく解説していきますね!

評判①一流講師陣のハイレベル授業

まずは、とにかく浜学園は、良授業との評判が多いです。

その理由として、浜学園の授業には、下記の特徴があります。

  • 3軍制で講師の質を確保
    (講師になれるのは30人に1人)
  • 体験授業や保護者の見学OK
  • 2か月に1度の授業アンケートあり

 

3軍制というのは下記の図の通りで、講師になるには本当に厳しい基準をクリアする必要があるようです。

浜学園の講師はアルバイト?

引用:浜学園公式HP

灘とかに受かる生徒を指導するのは、どうしたって実力のある講師じゃないと教えられないですからね。。。

さらに驚いたことは、保護者の見学や、お子さんが1週間体験授業を受けたりすることができることです。
※ただし今はこのご時世なので、保護者の見学は停止中のようです。

我が家でも、関東圏の中学受験塾を検討するために色々と問合せしましたが、見学OKや1週間の体験授業をやっている塾はありませんでした。
なんとか季節講習に申し込みして、塾の雰囲気を確かめるくらいしか、授業内容を知る手立てがありませんでした。
(もちろん季節講習は有料です。しかも結構高いw)

2か月に1度のアンケートもスゴイですよね…。

なんと、アンケートで支持率が下回った場合は降格もあるそう。
こういった制度があるのは本当にうらやましいです。

(娘は時々怖い先生がいる、ということで通塾を嫌がることがあるのですが、それを塾側に軽く伝える手段がうちの通う塾にはありません…。)

浜学園の資料請求はこちら

評判②徹底した復習主義、課題量は多い

中学受験塾の中には、予習に重きを置く塾もありますが、浜学園は徹底した復習主義です。

毎回授業の前に復習テストがあり、自分の弱点を常に把握することができます。
↓浜学園の復習主義について、オルパス君が解説してくれてます。

私もせっかく塾に行くのだから、新鮮でワクワクした気持ちで、塾の授業を受けられる復習スタイルはいいよな~と思います。
ただし、その分課題量は多い!という声が、多いです。

やはり、浜学園に通うには、多かれ少なかれ親の協力は必須かと思います。

SAPIXも浜学園同様、もしくはそれ以上に親の協力が必要と言われていますが、私がどんなことをしているかというと主に下記になります。

我が家の親のサポート
  • その日の学習でどの範囲をやればよいか子供に伝える
  • 終わった問題の丸付け、場合によっては解説

 

もちろん、ご家庭によってどこまで親がやるかは異なると思います。
しかし、まだまだ小学生ですから、時には親がお尻を叩いていかないといけないこともあるかと思います。

特に問題を解説したり教えたりするのは、高学年になるほど親もきつくなりますが、その点では浜学園はかなり優秀なサポート体制があるので安心できそうです。

次の章で浜学園のサポートについて解説しますね♪

浜学園の資料請求はこちら

評判③強力なサポート体制

意外に思われるかもしれませんが、浜学園は勉強をただ教えるだけでなく、サポート体制もかなり充実しているのです。
中でも、驚いたのは「Web全問解説」です。

家で学習していて問題が分からなかった場合、全問講師が解説してくれます。
しかもちょっとした解説とかではなくって、黒板をつかってガッツリ丁寧に教えてくれるんです。

資料請求すると、サンプル動画のURLも掲載されているので、気になる方はぜひ資料請求してチェックしてみてください。
資料請求は公式HPからできます。

その他にも、小6の大事な時期に親子の相談に乗ってくれる「お世話係」さんが、講師とは別に配置されています。
また、事務員さんの評判が良かったりするようです。

事務員さんの対応が悪いと、それだけで結構イライラしてしまったりするので、きめ細かな対応してくれるのはうれしいですよね。

浜学園の資料請求はこちら

評判④月謝は高い…?

料金について

浜学園の月謝は決して安くありません。

関西圏の友人に聞いたところ、費用面のイメージは「馬渕<浜学園<希学園」とのことです。
やはり、希学園は結構高いことで有名とのこと。
しかし、実際はどの講習を受けるかということによっても、料金が変動します。

浜学園に限らず、中学受験塾は4年生~6年生の3年間で300万前後かかると言われていますね。

実際の講座の費用については、公式HPにも記載がないので、資料請求して確認してくださいね。
浜学園の資料請求はこちら

日能研など他塾と浜学園の違いは?

浜学園の特徴は分かったけれど、やっぱり他塾との違いが気になる!という方に向けて、関西圏の塾の比較をしてみました。

下記をそれぞれ見ていきたいと思います。

  • 合格実績の違い
  • 各塾の雰囲気の違い

合格実績の違い

まずは気になる合格実績を2022年度版で作成してみました。
こう見ると、浜学園の実績が圧倒的過ぎて驚きます。

中学受験関西浜学園希学園馬渕教室日能研関西
96487043
東大寺学園1507011739
洛南高附属147443839
西大和学園23494186113
甲陽学院97363834
大阪星光学院113295228
神戸女学院44341336
四天王寺110488365
六甲学院123336466
洛星891810431
須磨学園1402732101

これは…独走状態ですね。
しかも、灘中は18年連続日本一なんだそうです。

恐るべし浜学園・・・・もう少し中堅校レベルになってくると、他塾の人数と逆転したりしています。

「いや…うちの子灘とか無理だし…」というご家庭も多いと思うのですが、こういう最難関の塾に通っていると下のクラスでも結構いい学校に進学したりしているんですよね。
(SAPIXでも、御三家の合格数が大々的に取り上げられますが、クラス別の進学先を聞くと下のクラスでも結構レベルの高い学校に受かっています。)

初めから中堅校以下を目指す場合は、浜学園である必要はないと思います。
偏差値だけでは測れない私立の良い点などもたくさんありますからね。

しかし、せっかく受験するのだから少しでも上のレベルを目指したいなと思うなら、浜学園を選択肢の一つにしても良いと思います。
浜学園の資料請求はこちら

各塾の雰囲気は…?

あくまでも私個人の印象ですが、関西大手塾(浜学園、希学園、馬渕教室、日能研関西)の、イメージ配置図を作成してみました。

横軸が親の関わりがどの程度必要か、縦軸は子供の性格がどんなタイプだと合うかを表しています。

関西大手塾のポジションマップ

浜学園は、塾のサポートも充実していますが、それでも課題量が多いので、「自宅学習のスケジューリング」をしっかりしてあげる必要があります。

また、テストによってクラス昇降や席順変更などもあるため、より競争心が強いタイプに向いていそうです。

浜学園の資料請求はこちら

浜学園に向いてる子・向いていない子

ここで最初にも掲載しましたが、浜学園に向いてる子・向いてない子のまとめを今一度載せておきます。

向いている子
  • やるからには難関校を目指したい
  • 親もサポートする覚悟がある
  • 子供は勝気・負けず嫌いな性格
  • 一流授業やカリキュラムが良い
向いていない子
  • 無理なく中堅校以下を目指したい
  • 親は塾に全てを丸投げしたい
  • 子供がおとなしい・競争が苦手
  • 子供に勉強の習慣がない

ただし、結局そのお子さんに合うかどうかは、塾に行ってみないと分からないことが多いです。
実際に私も、子供を別の塾に通わせる予定でしたが、自塾の先生のお話を聞いて魅力を感じて、当初予定とは別の塾を選択しました。

浜学園は「資料請求」も「体験授業」も無料です。
うちの子には合わないかもしれないな…とか、レベルが高すぎてついていけるかしら…と思っても、意外と入塾テストでいい点数が取れたり、子供が授業を楽しんで帰ってくるということも十分ありえます。

まずはぜひ、資料請求&体験授業を申し込みしてみることをおすすめします。
(体験入塾もWEBから申し込みできますよ♪)

 

まずは資料請求がオススメ
浜学園公式HP
リンク先:https://www.hamagakuen.co.jp/