Z会中学受験コース口コミ

中学受験、どうしようかな~と悩んでいる我が家ですが、いろいろ調べる中で「Z会の中学受験コース」はどうだろうか??と気になったので、その評判や中身を実際に体験してみてブログに口コミを書いてみることにしました。

(我が家の小2娘はそもそも「塾に入れるのか?」というレベルですが、塾に通う前に、願わくばSAPIXなどの入塾テスト対策にもなればなぁなんて考えています。)

ママ ぽんずママ ぽんず

正直、Z会には良い点も悪い点もありますが、個人的には選択肢として大アリだなぁと感じたので、気になる方はぜひ読んでみてください!

※中学受験をするか迷われている方も、資料請求がオススメです。
2・3年生でもZ会で資料請求をすると「中学受験が気になったら読む本」をもらうことができ、中学受験の基礎が理解できます。
(1年生以下でも、学年で2年生を選択すればもらえます。)
Z会中学受験資料請求3年生以上の場合は、テキストの抜粋版がもらえ、タブレットコンテンツと合わせて体験することができますよ。
Z会中学受験コース資料

Z会の資料請求はコチラ※電話番号を必須ではないので電話での勧誘の心配もありません。

※本記事に記載している内容は最新の情報と異なる可能性がありますので、必ず料金やカリキュラムは公式HPや資料請求をして確認をしてください。写真は資料請求お試し版資料(引用)になります。

Z会中学受験コースの超概要

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、簡単にZ会の中学受験コースのおさらいをしておきましょう!
Z会の中学受験コースはいわゆる「国立私立中学」を目指すコースで、超難関中学の開成や灘、筑駒、桜蔭などの合格実績もある通信教育です。

「中学受験コース(本科)」は、3年生~6年生のコースがあり、教材はデジタルと紙教材を合わせた内容になっています。

また、塾なしでZ会メインでの利用を想定した「トータル指導プラン」と、塾との併用を想定した「塾併用要点学習プラン」があります。
「塾併用要点学習プラン」はその名の通り要点の学習に特化しており、演習と提出課題を省いたプランになっていて、「トータル指導プラン」のおよそ半額です。
Z会中学受験コースのプランの違いトータル指導プランの場合、iPadが必須なので注意してください。

また、どちらのプランでも科目(国語、算数、理科、社会)を選択することができるので、1教科から受講することが可能で、料金は塾よりは安いのですが、他の一般的な通信教材(チャレンジやスマイルゼミなど)に比べると高い金額になっています。

※料金については「Z会中学受験コースの料金は?」の章に詳しく記載しています。
先に知りたい方は↑をクリックすると該当箇所にジャンプします。

ちなみに、公立の中高一貫校の受験を検討しているかたは、5年生から「公立中高一貫校適性検査」「作文」を受講することがオススメされており、5年生以前の学年の場合「小学生コース」のハイレベルの受講がオススメされています。
この記事では主に「中学受験コース(本科)」について記載しています。

Z会の資料請求はコチラ

Z会の中学受験コースの評判ってぶっちゃけどう??

概要については、何となく理解していただいたと思うのですが、実際のZ会の中学受験コースは良いのか、悪いのか…ということで、評判のメリットデメリットを簡単にまとめてみました。

デメリット
  • 難しい・学習量が多い
  • 教材がシンプルで子供の楽しみが少ない
  • 親のサポートが必要
メリット
  • 塾より安い
  • 通塾の手間がなく、習い事と両立しやすい
  • 良問ぞろいで、動画解説が見やすい

デメリットは「とにかくサポートが必要!」なこと

デメリットに「難しい・学習量が多い」「教材がシンプルで子供の楽しみが少ない」「親のサポートが必要」の3点を上げましたが、要するに、子供をしっかりと学習させるのには親がしっかり見てあげないとダメ!!ということです。

Z会のホームページ上では、「お子様一人で取り組める」とありますが、実際に遊びたいざかりの小学生が自宅で「難しい」問題を「自主的に」やるというのは結構難しいというか、レアケースなのではないかなぁと思います。(もちろんできる子もいるでしょうけど。)

中学受験であれば、塾に行っていても多かれ少なかれ親が管理してあげる必要があるとは思いますが、Z会は「自宅で学習」という形式をとる分、更にフォローが必要になると思います。

塾であれば、連れていけばとりあえずは授業を聞いて帰ってくるでしょうし、宿題も期日までに終わらせないと、という強制力が働くと思います。
もちろんZ会も「スケジュール管理」をデジタルカレンダーでできるようにするなど、なるべくサポートできるよう工夫はしています。
Z会中学受験コース-学習スケジュールしかし、特にまだ小3・4年生あたりだと動画を見ているようで全然頭に入っていなかったりする可能性もありますし、要注意です。

中学受験コースは学年別で設定があるものの、学校の進度とは全く異なり、小3でも6年生の範囲がはいってくることもあり、一度動画→問題を解くだけでは足りず、子供によっては何度も繰り返し学習しないと定着しないという声もありました。

これもZ会だからではなく、塾などでも同様ですが、塾はやはり強制的に繰り返し学習するよう仕組みがあると思うので、Z会だとより「自分の子供がどこまで理解しているか」を把握し、「必要に応じて問題等をコピーして再度やらせてみる」などの手間のかかることが多そうです。

ちなみにもう1つ注意点があるのですが、学習時間は、トータル指導プランで4教科受講していた場合、1か月25日取り組むとして1日当たりの時間を下記になると記載があります。

  • 3年生:40分
  • 4年生:60分
  • 5年生:115分
  • 6年生:120分

これを見ると、毎日そこまで無理して取り組むほどの量でもない気がすると思うのですが、なんとこの表記「映像授業の視聴時間は含みません。」と書いてあります。

映像授業を入れないでどうするの!?という感じですが、最低限でも1日40分ですから、理解度や映像授業の活用度によっては倍以上に時間がかかることも頭に入れておいた方がよさそうです。

ちなみに、公式の映像以外の授業にかかる時間の詳細の割合は下記に記載しています。

3年生国語算数理科社会
要点・練習問題30分×6回30分×6回30分×2回30分×2回
ドリル10分×10回10分×10回
体験学習60分×1回60分×1回
添削問題30分×1回30分×1回20分×1回20分×1回
添削問題の復習30分×1回20分×1回10分×1回10分×1回
計算練習ブック10分×6回
合計5時間40分6時間30分2時間30分2時間30分

→3年生は4科目受講で、1日あたり約40分

4年生国語算数理科社会
要点・練習問題40分×6回40分×6回40分×4回40分×4回
ドリル15分×10回15分×6回15分×4回15分×4回
添削問題30分×2回30分×2回30分×1回30分×1回
添削問題の復習30分×2回20分×2回10分×1回10分×1回
計算練習ブック10分×8回
合計8時間30分8時間30分4時間20分4時間20分

→4年生は4科目受講で、1日あたり約60分

5年生国語算数理科社会
要点・練習問題60分×10回60分×10回60分×6回60分×6回
ドリル10分×4回10分×4回10分×8回10分×8回
添削問題50分×2回50分×2回30分×2回30分×2回
添削問題の復習30分×2回30分×2回20分×2回20分×2回
漢字・計算練習10分×10回10分×10回
合計15時間15時間9時間9時間

→5年生は4科目受講で、1日あたり約115分

6年生国語算数理科社会
要点・練習問題60分×10回60分×12回60分×6回60分×6回
ドリル10分×4回10分×4回10分×8回10分×8回
添削問題50分×2回50分×2回30分×2回30分×2回
添削問題の復習30分×2回30分×2回20分×2回20分×2回
漢字計算練習10分×10回10分×10回
合計15時間17時間9時間9時間

→6年生は4科目受講で、1日あたり約120分

最大のメリットは「子供の生活に合わせて学習を進められること」

デメリットでは、Z会には多くの時間を割く必要があるという旨を記載しましたが、逆に言うとそれだけ内容が濃いということですよね。
中学受験に挑もうとしているのに、あっという間に学習が終わってしまったり、問題が簡単だったりしたらそれはそれで心配です(笑)
自宅で中学受験
しっかりした良問が多く、「さすがZ会」との声も多いわけですが、個人的には最大のメリットはやはり「自宅でできる」ということだと思います。
「通塾」というのは、通う時間はもちろんですが、曜日固定ですし、融通は利かないですよね。
なんといってもまだまだ小学生、習い事をさせたり、友達と遊ぶ時間も大切にしてあげたいというご家庭も多いでしょう。

Z会でも時間は必要ですが、いつやってもOKなのはとても助かるところです。
(その分スケジュール管理が大切になりますが。)

もちろん、Z会一本で中学受験に臨む家庭もあると思いますが、その他にも以下のようなケースで有効活用されています。

Z会の中学受験コースは以下のように取り入れられています
  • 入塾前の準備。
  • 塾との併用(主に苦手分野のみの受講等)
  • 習い事との併用
  • 海外在住だが日本の中学受験を検討している家庭。
  • 転勤族で塾に通い続けるのが難しい家庭。

 

ちなみに私的にもオススメなのは「入塾前の準備」かなぁという印象です。
今、中学受験をするなら「小3の冬(新小4)~」というのが定番なのですが、実は年々低年齢化しています。
それでもまだ小3・4から塾通いするのは抵抗がある…というご家庭も多いですよね。

例えば、御三家への合格者数が多く最近大人気の「SAPIX」は、入塾前に「テスト」があり、そもそもこのテストで点数が取れないと入ることすらできず、年々その競争は激化しているように感じます。
特に学年が上がるにつれて、入塾できる枠が減っていくとも言われており、「席確保」のために低学年からわざわざSAPIXに入れるご家庭も多くなっているとか‥。

それでもやはり、低学年からの通塾はなるべく避けたいというご家庭も多いので、Z会受講からSAPIXの入塾テストに臨む、というご家庭もあるようです。
SAPIX以外の塾でも、入塾テストは入塾後のクラスのレベル分けにも利用する重要なテストですので、入塾前から遅れを取らないようにZ会を始めるというのも良い利用方法かなと思います。

また、その他のメリットとして、動画解説授業が使いやすいなどの点も感じました。
これについては後述の内容の章で触れていきたいと思います。

Z会の資料請求はコチラ

Z会中学受験コースの料金は?

料金について

次は料金についてです。
※正式な金額については必ず最新情報を公式サイトで確認してください。料金は全て税込表記で記載しています。

Z会中学受験コースは、1教科から受講できると記載しましたが、1教科のあたりの値段はどの科目を選んでも、いくつ選んでも同じになっています。

例えば3年生の料金を見ると、「トータル指導プラン」であれば1教科あたり3,366円~、4教科全て受講すると13,464円~となっています。
「塾要点プラン」は「トータル指導プラン」の半額に設定されています。

3年生トータル指導プラン塾併用要点学習プラン
1教科4教科1教科4教科
12カ月一括払い3,366円13,464円1,683円6,732円
6カ月一括払い3,762円15,048円1,881円7,524円
毎月払い3,960円15,840円1,980円7,920円

3年生以上の学年毎の料金は下記をクリックしてみてください。
年々値上がりしますが、塾に比べればかなり安価な設定になっています。

4年生トータル指導プラン塾併用要点学習プラン
1教科4教科1教科4教科
12カ月一括払い3,740円14,960円1,870円7,480円
6カ月一括払い4,180円16,720円2,090円8,360円
毎月払い4,400円17,600円2,200円8,800円

5年生トータル指導プラン塾併用要点学習プラン
1教科4教科1教科4教科
12カ月一括払い4,675円18,700円2,337円9,348円
6カ月一括払い5,225円20,900円2,612円10,448円
毎月払い5,500円22,000円2,750円11,000円

6年生トータル指導プラン塾併用要点学習プラン
1教科4教科1教科4教科
12カ月一括払い4,862円19,448円2,431円9,724円
6カ月一括払い5,434円21,736円2,717円10,868円
毎月払い5,720円22,880円2,860円11,440円

個人的には、1教科ずつ受講できるのはありがたいなぁと思う一方で、理社は学習時間も国算に比べて少ないので、もう少し安くてもいいのに…とも思います。
(逆に、国語と算数がお得と言えるのかもしれませんが。)

チャレンジやスマイルゼミと比較するととても高く感じてしまいますが、そもそもの内容の充実度もレベルも全く違うので比較はできませんね。
最近では、コロナウィルスの影響で通塾を見送る方も多いと思いますので、塾に比べて安いのはありがたい!ですね。

Z会中学受験コースの内容を口コミ!

さて、ここからは実際のZ会中学受験コースの内容について、体験してみた口コミを教科別にまとめました。
ちなみに、本物と同じ内容がしっかり体験できますので、まず資料請求して問題を見ることをオススメします!
Z会の資料請求はコチラ

しっかりタブレット×紙教材の良さを実感できますよ。
Z会中学受験コース国語 (2)

「国語」の内容を口コミ!

国語のコースはどの学年でも「長文読解」×「漢字・語彙」の学習が毎月できるようになっているようです。

最初にしっかり動画解説授業を閲覧します。
ここで驚いたのは、動画授業のスムーズなこと!
まず、書き取り用のノートと全く同じ画面が動画解説授業でも使われており、必要な部分にだけ先生が書き込みをしたり、線をひいたりするのでとても分かりやすいです。

最近の塾の授業が実際にどんな感じなのかわかりませんが、黒板やホワイトボードに書いて説明するよりもわかりやすいなぁと感動しました。

また、動画は全て見ることが必須でもないですし、再生速度を速めたりすることもできました。
逆に、メモを取るのに時間がかかるときなど自由に停止もできますし、何度も繰り返し戻ってみることができるので、まさにその子供のペースに合わせた学習が可能だなぁと思います。

国語の教材自体は、こちらが3年生のイメージで写真が見にくいかと思いますが、「しっかり文章を読ませる」ということはわかると思います。
Z会中学受験コース国語
他の教材に比べ、テキストもシンプルなので、子供がキャラクターなどに喜んだりしないのは残念なポイントではありますが、この内容をしっかり自走できるようになればかなりの力がつくと感じました。

なお、3年生の国語のカリキュラムは以下の通りです。
※他学年のカリキュラムはまとめて後半に記載しています。

国語単元名
4月・物語の場面をおさえる
・かなづかい
5月・登場人物の気持ちを読み取る
・漢字のなりたち
6月・話題・要点を読み取る
・部首
7月・指示語の内容をおさえて文章を読み解く
・熟語の組み立て
8月・詩の表現方法を理解する
・類義語・対義語
9月・登場人物の性格を読み取る
・同音異義語・同訓異字
10月・物語の主題を読み取る
・慣用句1
11月・接続後を手掛かりに文章を読みとく
・慣用句2
12月・段落の関係を理解する
・ことわざ
1月・物語・説明文の読み取り
・言葉に関する問題

「算数」の内容を口コミ!

算数の内容は、3年生は計算の基本的なところから始まりますが、その後図形や樹形図なんかも出てきます。
Z会中学受験コース算数例えば3年生の講座でも、学校では5・6年生で習うようなことも実際にガンガン出てきます。

↓例)3年生の算数のカリキュラム

算数単元名学校で
習う学年
4月・足し算と引き算
・掛け算
3
5月・掛け算のひっ算
・割り算
3
6月・割り算のひっ算4
7月・式と計算3、4
8月・大きな数
・およその数
3、4
9月・時刻と時間
・長さ
3
10月・重さ
・かさ
3
11月・表とグラフ
・円と球
3、4、6
12月・3角形と角3、4、5
1月・面積
・樹形図と数え上げ
4、6

内容を見てみると、最初は単純な計算問題でも、練習問題ではしっかり文章題がでてきます。

例えば、最初は「掛け算のひっ算」でも、最後の問題は「年齢算」の問題でした。
※年齢算とは、「現在母は41才で、子供は11才です。何年後に母の年齢が子供の年齢の3倍になるでしょうか?」といった類の問題です。

こうやって、例え基本から中学受験に利用する特殊算の内容までしっかり網羅されているのがZ会算数の良いところだと思います。

「理科」の内容を口コミ!

理科は3年生と4年生以降で教材に大きな違いがあり、3年生は「体験学習」があることが特徴です。
Z会といえば、幼児コースでも体験学習を大事にしていることで有名なのですが、まさにここでもその体験重視の姿勢が表れているようです。
Z会中学受験コース理科
特に、3年生では、小学校ではあまり扱われず、多くの子供が苦手とする分野について「実験→授業→練習問題」という流れを大切にしています。

※3年生の理科のカリキュラム↓

理科単元名
4月・重さ発見隊
5月・色がかわるまほうの水
6月・つくってみよう
ゆらゆらモービル
7月・こんなもの
あんなもので音作り
8月・たんけん!
生き物の世界
9月・ちょうせん!
うきしずみマジック
10月・とばせ!
ティッシュ箱
11月・曲がれ!
カイワレダイコン!
12月・ふしぎなかがみの世界
1月・光が曲がる!?

4年生以降は、リピート学習に入ります。
4年生では、小6までの範囲をまとめて学習、5・6年生では基本から入試に出題される応用問題に対応できるレベルへとステップアップしていきます。

中学受験は当たり前ですが、小学生が受ける試験です。
小学生が、難問を理解できるかどうかの1つに「どれだけ実体験を積んでいるか」というのも重要な要素かと思いますので、3年生では実体験を交えた学習というのは、個人的には大賛成です。

ただ楽しかった!で終わるわけではなく、実際にやりごたえのある演習問題も付いています。

「社会」の内容を口コミ!

Z会中学受験コースの社会の内容は、3年生は理科同様「体験学習」、4年生では「地理・公民」、5年生では「地理・歴史」、6年生では全分野を網羅的に学習するというカリキュラムになっています。

※例)3年生の社会のカリキュラム

社会単元名
4月・この地図 あの地図
どんな地図
5月・見つけたよ
店のくふう
6月・どれだけ知ってる?
日本の都道府県
7月・ストップ!
地球温暖化
8月・身近な歴史
9月・一目でわかる
日本の農業
10月・おかしがとどくまで
11月・くらべてみよう
電車・自動車・飛行機
12月・地図で分かる
地形のあれこれ
1月・世界の国から
こんにちは

覚えることが多い社会ですが、しっかりと動画で「事柄の原因や周辺の知識」を説明してくれるため頭に残りやすい工夫がされています。
動画は見ているだけではなく、教材に書き込んでいくことで頭にインプットされていきます。
Z会中学受験コース社会地図記号一つとってもしっかり成り立ちから教えてくれています。
また、トータル指導プランでは重要語句で使われている難しい漢字について、しっかり筆順をみながらタブレット上で練習できる機能があるのもいいなと思いました。

学年別のカリキュラムについて

ここまで、3年生の教材をメインに教科別でどういった内容を学んでいくかをレポートしていきましたが、その他の学年で学ぶ各教科の内容についてまとめてみました。

気になる学年のボタンをクリックしてみると詳細が確認できます。

4年生国語算数理科社会
2月物語の場面
文の組み立て1
小数
小数の掛け算
植物の成長(1)市のしくみ(1)
3月いろいろな気持ちの表現
文の組み立て2
小数の割り算植物の成長(2)市のしくみ(2)
4月不思議な自然・大切な自然
名詞・動詞・形容詞・形容動詞
線分図
数列
動物の成長(1)地図の約束
日本の都道府県
5月日本を知ろう
組で使われる言葉・形容動詞
垂直と平行
四角形
動物の成長(2)特色のある日本の暮らし
(九州~近畿地方)
6月詩の表現・いろいろな文章
漢字の画数と筆順
多角形と面積太陽・星・月特色のある日本の暮らし
(中部~北海道地方)
7月場面や気持ちの移り変わり
漢字の音と訓・漢字の部首
合同と対称
分数
水の変化と働き
大地の作り
日本の地形
海の近くに住む人々のくらし
8月登場人物の行動と性格
和語・漢語・外来語
論理
平均、グラフ
モノの温まり方とカサの変化低地・高地に住む人々のくらし
9月言葉について考えよう
知っておきたい大切な言葉
倍数と約数てことてんびん
モノの燃え方と空気
日本の気候
雨の多い地域と少ない地域
10月私たちを取り巻く世界
慣用句・ことわざ
分数の足し算・引き算水溶液の性質(1)あたたかい地域と寒い地域のくらし
11月詩を味わう・色々な文章の読取り
二字・三字・四字熟語
分数の掛け算・割り算水溶液の性質(2)
音・振り子の動き
農業(1)
12月物語の読取りのまとめ
敬語
場合の数天気と気温
電流の働き
農業(2)
食糧問題
1月説明文の読取りのまとめ
言葉に関する様々な問題
円周と円の面積磁石と電磁石
環境問題
水産業
林業

5年生国語算数理科社会
2月物語
辞書の使い方・かなづかい
和差算・分配算
年齢算・消去算
植物1・2
発芽と成長、光合成など
工業
3月説明文
漢字の成り立ち・部首・音訓等
過不足算・差集め算
平均算・つるかめ算
植物3・4
花と実、植物の分類など
エネルギーと資源・貿易
情報と交通
4月随筆
同音異義語・同訓異字
割合とグラフ
相当算・仕事算・のべ算
天体1・2
太陽と地球、月の見え方と動き
環境問題
日本の国土と人口
5月物語
文節・主語と述語・修飾語
比と比例
連比・逆比
天体3・4
星と星座、太陽系の天体など
世界の国々の様子
地理のまとめ
6月説明文
名詞・動詞・形容詞・形容動詞
立方体と直方体
いろいろな立体
動物1・2
昆虫、セキツイ動物
旧石器時代~奈良時代
7月
副詞・連体詞・接続詞・感動詞
体積と表面積
色々な立体の体積・表面積
動物3・4
動物の1年間、生き物と自然環境
平安時代
鎌倉時代
8月物語
助動詞
相似比と面積比
面積比と体積比
化学1・2
色々な気体、水溶液と金属の反応
室町時代
安土桃山時代
9月説明文
助詞
速さ・道のり・時間の関係
旅人算
化学3・4
中和・燃焼・化学変化の物の重さ
江戸時代
10月随筆
敬語
時間算・流水算
通過算
光/音明治時代前半
11月物語
類義語・対義語・多義語
図形上の点の移動
水位と求積
気象明治時代後半
大正時代/昭和時代前半
12月説明文
重要語句
応用力をつける問題1・2
-計算の工夫など
地質昭和時代後半
現在の日本と世界
1月短歌・俳句・色々な文章
文語的表現・外来語など
応用力をつける問題3・4
-ニュートン算など
人体歴史のまとめ

6年生国語算数理科社会
2月物語
熟語の組み立て・二字熟語
基礎確認1・2
計算と文章題・図形と速さ
力学1・2
てこと天秤・滑車・ばねなど
日本地誌1・2
九州・四国・中国・近畿地方
3月説明文
三字熟語・四字熟語
実力養成1・2
数と気息性
力学3・4
動くものの働き、力学の計算など
日本地誌3・4
中部・関東・東北・北海道地方
4月物語
ことわざ
実力養成3・4
図形

体積の変化
日本国憲法と人権
国会・内閣・裁判所
5月説明文
慣用句
実力養成5・6
速さ
電気1・2
豆電球と回路、電熱線など
地方自治・財政・社会保障
経済とわたしたちの暮らし
6月随筆
故事成語・難読後
実力養成7・8
割合と比
電気3・4
磁石・電磁石、電気分野の問題
世界の国々
国際社会1-国際連盟・国際連合
7月詩・短歌・俳句
文学史
実力養成9・10
総合文章題
実験器具
環境問題・理科総合
国際社会2-世界各地の紛争・対立など
公民のまとめ
8月解法研究1・2
漢字の知識・二字三字四字熟語
入試実践1・2化学
植物
歴史テーマ別1
地理・公民テーマ別1
9月解法研究3・4
ことわざ・慣用句
入試実践3・4地質
光・天体
歴史テーマ別2
地理・公民テーマ別2
10月読解完成1・2
言葉の意味と用法・同音異義語
入試実践5・6力学
動物
歴史テーマ別3
地理・公民テーマ別3
11月読解完成3・4
類義語・対義語・文法
入試実践7・8熱・体積の変化
実験器具・音・気象
歴史テーマ別4
地理・公民テーマ別4
12月読解完成5・6
文法2・敬語
入試実践9・10電気・人体
環境問題
歴史テーマ別5
地理・公民テーマ別5
1月総合演習1・2入試直前演習1・2総合演習1・2社会時事関連
総合演習

中学受験する家庭にZ会の選択は大いにアリ!

というこで、Z会の中学受験コースについていろいろ書いてきました。

正直、対面授業ができる塾よりもZ会の方が絶対いい!とは言えませんが、「いつやってもOK」「4科目から自由に選択可能」「動画が子供のペースで見られる」「良問が多い」とZ会のメリットはかなり大きいと思いました。

大手塾の場合、「授業の保護者の参加確認は不可」というところが多く謎に包まれている面も多いと思うのですが、Z会は資料請求して実際の教材と動画の中身を確認することができるので、まずはお試しで確認してみてください。

ちなみに、2・3年生でも資料請求をすると「中学受験が気になったら読む本」が無料でもらえます。
(1年生以下でも、学年で2・3年生を選択すればもらえます。)

小さな冊子ですが、「合格まで何をすればよいのか」「志望校選びのポイント・学校訪問シート」や、気になる「受験~入学までの費用」なんかについても記載されており、情報が詰まっていますので、もらって損はないですよ!
(Z会は電話番号を入れなくても資料請求できるので、電話勧誘の心配もありません)
Z会の資料請求はコチラ