【2020年10月レポートブログ】ワンダーボックスの最新号を徹底解説!
ママ ぽんずママ ぽんず

こちらの記事では、ワンダーボックスを検討している方向けに、最新号はどのような内容なのかをまとめてみました。
今、申し込むとどのような教材・アプリで遊べるのか詳しく解説しています!

本ブログ記事作成現在(2020年9月26日)、最新の10月号(vol.ユーラシア)について、届いたばかりの内容をレポートしたいと思います。
我が家では4歳年中息子と7歳小2娘が受講しています。

そもそもワンダーボックスってどんな教材なの??という方、基本や口コミ、料金を知りたい方お試ししてみたいという方はこちらの↓記事をまず参照してみてください。

>>ワンダーボックスを始める<<

なお、ワンダーボックスの教材について、少しだけ復習(?)しておきますと、ワンダーボックスは「お届け教材」と「アプリ」のハイブリット型通信教材です。この記事は最新号の「お届け教材」と「アプリの一部」について記載しています。

vol.ユーラシア(2020年10月号):お届け教材(紙教材)

①ワーク:はてにゃんのパズルノート

毎月届くワーク「はてにゃんのパズルノート」

はてにゃんのパズルノート10月
1冊40ページです。

↓写真左側のページが幼児用(年中・年長)。今月はなんと!船に乗って迷路に挑戦!がメインテーマ。
右側の小1・2年生用は番号順にリンゴをあつめる条件付き迷路がテーマ。
はてにゃんのパズルノート中身

我が家では、小3,4年生用は受講していませんが、今回は小1・2年生とおなじ条件付き迷路のようです。
(難易度は違います。)

この「はてにゃんのパズルノート」の良いところの1つが、自分で問題をつくるワークがあるところなのですが、小さい子でもやりやすいように、シールで作問ができます。

ワンダーボックス_はてにゃん作問10月

ちなみにこの問題集、最初は簡単なのですが、最後の問題なんかはとても難しくて、かなり特訓ができそうです。
正直にいうと普段、問題集を買い与えたのではあまりやりたがりませんが、娘は「はてにゃん」が大好きなので、はてにゃん効果で取り組んでくれます。
ワンダーボックスのキャラクターってホントに可愛いのですよね。

②ビックペーパー:果物迷路とジャンボすごろく

ワンダーボックスビックペーパー
毎月のテーマに合わせてビックペーパーが送られてきます。
本当に大きくて1畳分くらいある感じです。この上で子供は自由に遊べます♪

表面には、いつも迷路やクイズが書かれているのですが今月は絵探しでした。
ハロウィン仕様でとってもかわいいですよね♪

毎回、届いてすぐにビックペーペーパーを姉弟で広げて、あっここに合った!とか楽しそうにワイワイ取り組みしています。

そして裏面はなんとこちら!メダルカーリング!!!
これはテンション上がる!!!
ワンダーボックスビックペーパー裏10

今月のトイ教材のテーマは「ボードゲーム」なのですが、その付属のコマを利用して遊べます。
手先の訓練にもなりそう!?

③トイ:ボードゲームマスター2

2~3カ月ごとにテーマが設定されているトイですが、9月~10月のテーマは「ボードゲームマスター」です。

ボードゲームマスター2
これだけで何種類もの遊び方ができるようで、最近家族でボードゲームにはまっている我が家にはとてもうれしいトイです。
なんと6つも遊び方が用意されています。

上記の白いコマには自分オリジナルの絵をかいて専用コマが作れるようになっています。
また、自分でルールを作ってしまおう!という内容までついてきます。
そう言われても・・・難しいよ~という子のために、アプリに「ルールメイカー」までついていますよ!

ワンダーボックスルールメイカー

各ボードゲームにはルールを理解するための「けんきゅう」クイズが用意されているのも素晴らしいです。
クイズの答えがわかったらアプリに入力すできる仕組みもあり、子供のわくわくが止まりません!

ワンダーボックスアプリ連動

まだまだ、我が家でも届いたばかりで取り組めていないので、早くやりたい~!!

④お届けボックス:なぞとき&かめんを作ろう

さて、これらの教材は一つのボックスに入れられて送られてきます。
このボックスにも謎解き&工作が含まれていて、この謎解きの答えをアプリに入力すると、その月のコンテンツが利用できるようになる仕組み。

ワンダーボックスの工作仮面

届いてすぐに謎解きにチャレンジしていましたよ!!

さらに、今月はここにもハロウィンを意識して仮面をつくる工作です♪
早速息子がつくって「こわい~??」楽しそうに聞いてきましたw

それにしてもお届けBOXまで遊べるなんて、教材に無駄が一切ありません。

vol.ユーラシア(2020年10月号):アプリ

【一覧】今月のコンテンツはコレ!

さて、ワンダーボックスのアプリは、月によってコンテンツが替わるのですが、今月のコンテンツ一覧は下記のようになっています。

コンテンツ名問題例(内容の全てではありません)
シンクシンクプラス日替わりルーレット(学年共通)
【年中・年長】
・にせものキューブ
・しゃしんですいり
・みずびたしめいろ
【小1・小2】
・ましかくさがし
・シャッターチャンス
・かさなりブロック
・ましかくめいく
※小3・小4向けもあります。
バベロンプラスアイスドロップ
アトラニアスつかわないブロックはどれ?
コードクラフターズ・ぼうけんクエスト
・バンドクエスト
・バンドチャレンジ
ミッションハンターえいごのもじをさがせ
(文字)
ずっこけびじゅつかん・きのこのまき
・ちょうちんあんこうのまき
・まじょのまき
ピクタネットくるま、とり等
そっくりさがし・ふうせんと飴
・ピアノとドミノ倒し
・ジェンガとパンケーキ
ジュニアランド
(幼児のみ)
ポテポテオアシス

オススメコンテンツ3選

さて、すべてのコンテンツについて詳しくレポートしたいところですが、ワンダーボックスはとてもボリューミーなので、この1ページで全て語りつくすことが難しいのです。

そこで今月のおすすめコンテンツを3つに絞って、内容を少しご紹介したいと思います。

①シンクシンクプラス

シンクシンクアプリでも有名な内容が、ワンダーボックスではシンクシンクプラスとしてパワーアップ!しています。

毎月3~4コンテンツ+日替わりルーレットで遊べますが、迷路」「図形」や「」についての内容が組み込まれています
シンクシンク年中10
年中・年長用では、「にせものキューブ」「しゃしんですいり」「みずびたしめいろ」

シンクシンクプラス10
↑「しゃしんですいり」は部分的に映っている写真を見て位置を想像し、ぬいぐるみを置いてあげます。ぬいぐるみカワイイw

小1・小2用では、今回は図形メインのようです。
「ましかくさがし」「シャッターチャンス」「かさなりブロック」「ましかくめいく」。
シンクシンク小1・2 10月

↓シャッターチャンスはカメラの位置からとった場合の図形を選ぶ問題です。
シンクシンク 小2 10月

図形系が苦手な娘は、市販のワークなどでは嫌がってしまうので、シンクシンクプラスで楽しく学んでくれるのがとてもありがたいです。
(でも迷路系が1つもなかったのはめずらしく、今回はその点がちょっと残念かも…)

なお、各問題はステージ4まで用意されており、ステージ4である「スペシャルステージ」に進むと、順位も出るようになるので、1か月間全く飽きることなく遊べます。

※↑6月に娘がはまっていた「ひとふででんきゅう」
ランキングUP目指して何度も頑張ってました。

このほかに日替わりで好きな問題を選んで遊べる日替わりルーレットもありますよ。

②バベロンプラス「アイスドロップ」

こちらは、1種類の問題がどんどん難しくなっていく形式の「バベロンプラス」
今月は「アイスドロップ」です。

バベロンプラス アイスドロップ

これ、子供たちが大好きなんです!
シンクシンクの日替わりルーレットで登場することがたまにあるのですが、必ずあるときはこれを選択していました。
とのことで、子供たちは大興奮。(笑)

穴(池?)に氷でてきたブロックを落としていくのですが、つるつるブロックが滑って止まってくれないので、順序や形をしっかり考えないとクリアできないのです。
最初は簡単なのですが、さすがバベロン、どんどん難しくなっていくので果たして今月は全制覇なるか!?
今から子供たちの挑戦が楽しみです。

なおバベロンは、シンクシンクアプリでも進み具合によっては遊べますが、ワンダーボックスでは1日の回数制限なく何度もチャレンジできるので、より試行錯誤を重ねることができます。さてさて今月は全問クリアなるか・・・!
(いつも後半の問題は本当に大人でも難しいです。)

③コードクラフターズ「ぼうけんクエスト」「バンドクエスト&チャレンジ」

コードクラフターズはプログラミング的思考を楽しく学べるコンテンツです。
10月は新しく「コードクラフターズ ベーシック」が追加され、よりプログラミングの基礎的な要素を学べるようになりました。コードクラフターズベーシック
カワイイ恐竜が宝箱を目指していけるように、ブロックの矢印で指示していきます。
とても簡単なところからスモールステップで進んでいくので、年中の息子でもしっかりと「考えて進める」ということができていました。
クエストが3レベルあるので、本当に幼児~小学生まで楽しくプログラミング基礎が学べます。

さらに、ただのプログラミングでは終わらないのがワンダーボックス。
コードクラフターズでは、プログラミングの要素を使って自由に表現することを大事にしています。
なんと今月は音楽制作!
コードクラフターズ音楽制作
ラッパ、ドラム、キーボードの音の速さや長さなどを調節して、自分の好きなように音楽を作れてしまうのです。
早速子供もやってみて、頭をノリノリ動かしていました(笑)

プログラミングだけでも習い事として成立する昨今、アプリ教材の一つとして楽しく学習できるのはありがたいと思います。

その他のアプリについて

その他にもおススメのコンテンツばかりです。
2枚の写真の共通点を探す「そっくりさがし」は、毎回家族で楽しめますし、先月から始まったピクタネットはこれまた図形強化にとてもよさそうなアプリです。

そっくりさがし10月
↑そっくりさがし。2枚の共通点・・・あなたはいくつ思いつきますか!?

ピクタネット
↑図形制作コンテンツ。指定の図形で見本の絵ができるかな?という問題。
その他にも動物などを自由につくることもできます。

他のアプリについて、詳細を知りたい方はこちらの記事に超詳細をまとめていますので是非確認してみてくださいね。

ワンダーボックス始めるなら、今月号と来月号どちらが良い??

10月号も9月号に引き続き、とてもワクワクがギュッと詰まったワンダーボックス
息子も娘も、他の習い事や通信教材も併せてやっていますが、正直積極的に取り組む教材No.1です。
10月号もめいっぱい楽しんでいく予定です。

なお、ワンダーボックスは、時期によって開始月を選択できます
今でしたら10月号と11月号どちらから開始してもOKです。(10月号の場合、すぐにアプリが利用できます。)

どちらが良いか迷ってしまうかもしれません。
正直に言うと、ワンダーボックスは毎月アプリの内容が変わるようになっているので、申し込みがその月の中旬過ぎてしまうなどするとアプリを利用できる日数が単純に少なくなってしまいます。しかも毎月結構なボリュームがあるので、やりきれないかもしれません。

もし絶対に損したくない!という方は次月号から始めると損はありません。
今なら10月号の申込がオススメです。

ワンダーボックスはこちらの公式ホームページから申し込みできます。10月号と11月号の内容の違いや年間のスケジュールも見ることができます

>>公式HPを確認する<<

なお、お得にワンダーボックスに加入できる紹介コードなどキャンペーン情報は下記記事にまとめていますので、ぜひご参照ください。
8%OFFで加入できます!)