ワンダーボックス最新号レポート12月
ママ ぽんずママ ぽんず

こちらの記事では、ワンダーボックスを検討している方向けに、最新号はどのような内容なのかをまとめてみました。
今、申し込むとどのような教材・アプリで遊べるのか詳しく解説しています!

本ブログ記事更新現在(2020年11月27日)、最新の12月号(vol.マリアナ)について、届いたばかりの内容をレポートしたいと思います。
我が家では4歳年中息子と7歳小2娘が受講しています。

そもそもワンダーボックスってどんな教材なの??という方、基本や口コミ、料金を知りたい方お試ししてみたいという方はこちらの↓記事をまず参照してみてください。
ワンダーボックスの基本と口コミ

>>ワンダーボックスを始める<<

なお、ワンダーボックスの教材について、少しだけ復習(?)しておきますと、ワンダーボックスは「お届け教材」と「アプリ」のハイブリット型通信教材です。この記事は最新号の「お届け教材」と「アプリの一部」について記載しています。

vol.マリアナ(2020年12月号):お届け教材(紙教材)

①ワーク:はてにゃんのパズルノート

毎月届くワーク「はてにゃんのパズルノート」

ワンダーボックスはてにゃん12月号
1冊40ページです。

コチラは幼児用(年中・年長用)のはてにゃん。
今回のメインテーマは「間違い探し」ですが…
はてにゃん12月号
ただの間違い探しではなく、違う角度の絵を見て、違うところを探す問題になっており、やりごたえがありそうです。
これはいつになく良問題かもしれません!
はてにゃん12月号年中

こちらは小1・2年生用で、指定の形を利用して穴のマークを隠す図形問題がメインテーマです。
はてにゃん12月号小2
※小3,4年生向けもありますが、我が家では受講していません。

この「はてにゃんのパズルノート」の良いところの1つが、自分で問題をつくるワークがあるところなのですが、小さい子でもやりやすいように、シールで作問ができます。

はてにゃん12月号作問

ちなみにこの問題集、最初は簡単なのですが、最後の問題なんかはとても難しくて、かなり特訓ができそうです。
正直にいうと普段、問題集を買い与えたのではあまりやりたがりませんが、娘は「はてにゃん」が大好きなので、はてにゃん効果で取り組んでくれます。
ワンダーボックスのキャラクターってホントに可愛いのですよね。

②ビックペーパー:クリスマスツリー・迷路・絵探し

12月ビックペーパー
毎月のテーマに合わせてビックペーパーが送られてきます。
本当に大きくて1畳分くらいある感じです。この上で子供は自由に遊べます♪

表面には、いつも迷路やクイズが書かれているのですが今月のテーマはやっぱりクリスマス!
一筆書きの問題と絵探し
がついていました。

毎回、届いてすぐにビックペーペーパーを姉弟で広げて、あっここに合った!とか楽しそうにワイワイ取り組みしています。

そして裏面はなんと大きなクリスマスツリー!
後述するのですが、今月はモールがテーマなので、そのモールの制作物を使ってなんとツリーの飾りつけ遊びができるそう!
最近、壁に貼れるツリーの絵の描いた布が人気らしいのですが、このビックペーパーも壁に張り付けて遊ぼうと思います!
ワンダーボックス12月ビックペーパー裏

③トイ:モールアドベンチャー

2~3カ月ごとにテーマが設定されているトイですが、12月のテーマは11月に引き続き「モールアドベンチャー」です。

ワンダーボックス作ってシェイプ
ただのモール…!?と侮るなかれ、ワンダーボックスのこういうキットはめちゃくちゃ楽しいんですYO!
子供はこういうのが大好きなので、早速テンションMAXです。
前回はボードと組み合わせよう!でしたが、今回は「ストローと組み合わせよう」です。

ただモールを与えられただけでは、面白みも半減ですが、ワンダーボックスの教材はアプリ連動しているので、作った作品をアプリにアップして写真を集めるのはもちろん、たくさん進めていくとあらたなチャレンジ問題が追加されるようになっています。

モールは

  • 形をつくって遊ぶ「つくってシェイプ」
  • ストローを使って図形を作る「あわせてシェイプ」
    ワンダーボックスあせてシェイプ
  • てつぼうやブランコが作れる「クラフトげきじょう」などがあります。
    ワンダーボックスモールで作ろう

こういうのは特に小2の娘は大好きなコンテンツです。
アプリ連動だからこそ、アナログな定番遊びもわくわく倍増です。
今月もいっぱい遊ぶぞー!!

④お届けボックス:きみだけのそりを作ろう

さて、これらの教材は一つのボックスに入れられて送られてきます。
このボックスにも謎解き&工作が含まれていて、この謎解きの答えをアプリに入力すると、その月のコンテンツが利用できるようになる仕組み。

ワンダーボックスクラフト

届いてすぐに謎解きにチャレンジしていましたよ!!

さらに、今月は「そりを作ろう」なので、作ったあとはお人形を載せて遊んだりできそうです♪

それにしてもお届けBOXまで遊べるなんて、教材に無駄が一切ありません。

vol.マリアナ(2020年12月号):アプリ

【一覧】今月のコンテンツはコレ!

さて、ワンダーボックスのアプリは、月によってコンテンツが替わるのですが、今月のコンテンツ一覧は下記のようになっています。

コンテンツ名問題例(内容の全てではありません)
シンクシンクプラス日替わりルーレット(学年共通)
【年中・年長】
・フォーリンキューブ
・ましかくさがし
・ほれジャーハント
【小1・小2】
・くっつけると?
・りったいいくつおおい?
・じゅんばんひこうき
・かさねると?
※小3・小4向けもあります。
バベロンプラスカチっとメダル
アトラニアスはこを順番にとろう
コードクラフターズ・ぼうけんクエスト
(宝箱を目指そう)
・へんがおクエスト・チャレンジ
ミッションハンターおとのでるものをさがせ
ずっこけびじゅつかん・UFOのまき
・つりのまき
・てつぼうのまき
対戦ボードゲームかさねロミノ
ピクタネット・アカデミー
・スタジオ(ぺんぎん、ひこうき)
・ミュージアム
ジュニアランド
(幼児のみ)
パオパオアイランド

オススメコンテンツ3選

さて、すべてのコンテンツについて詳しくレポートしたいところですが、ワンダーボックスはとてもボリューミーなので、この1ページで全て語りつくすことが難しいのです。

そこで今月のおすすめコンテンツを3つに絞って、内容を少しご紹介したいと思います。

①シンクシンクプラス

シンクシンクアプリでも有名な内容が、ワンダーボックスではシンクシンクプラスとしてパワーアップ!しています。

毎月3~4コンテンツ+日替わりルーレットで遊べますが、迷路」「図形」や「」についての内容が組み込まれています
ワンダーボックス12月シンクシンク年中
年中・年長用では、「フォーリンキューブ」「ましかくさがし」「ほれジャーハント」

ワンダーボックス12月シンクシンク
↑「フォーリンキューブ」はキューブが落ちてきたらどの形になるか?を考える図形問題です。

小1・小2用では、「くるくるぽん!」「おやころりん」「アップダウンワールド」「かいりきアップダウンワールド」。
ワンダーボックス12月シンクシンク小2

↓「おやころりん」はさいころ転がしのイメージ掴みに◎。

図形系が苦手な娘は、市販のワークなどでは嫌がってしまうので、シンクシンクプラスで楽しく学んでくれるのがとてもありがたいです。
アプリだと視覚的にわかりやすいので助かります♪

なお、今回の娘のお気に入りは「アップダウンワールド」だそうです。

なお、各問題はステージ4まで用意されており、ステージ4である「スペシャルステージ」に進むと、順位も出るようになるので、1か月間全く飽きることなく遊べます。

※↑6月に娘がはまっていた「ひとふででんきゅう」
ランキングUP目指して何度も頑張ってました。

このほかに日替わりで好きな問題を選んで遊べる日替わりルーレットもありますよ。

②たいせん!ボードゲーム

今月のおすすめは対戦ボードゲーム!テーマは「かさねロミノ」
先月と同じテーマですが、マスが増えて、出てくるパーツも変わっています。
ワンダーボックス対戦ボードゲーム

色んな形の図形パズルを置いて陣地を多く取ったほうが勝ちの陣地とりゲームです。

こちらは一人で遊ぶことはもちろん、兄弟や親子で対戦することもできますし、定期的にオンライン上の誰かと対戦できるイベントもあります。
ちなみに一人で遊ぶ「コンピューターとたいせん」は、3つのレベルがあるのですが、最難関レベルは大人でも普通に負けたりします(!)

それでも試行錯誤して行くうちに、コツをつかんでいき、月末には子供が最難関レベルに勝つようになるのが本当にすごいところです。
知能指数上がってそう・・・(笑)
(いつも後半の問題は本当に大人でも難しいです。)

③コードクラフターズ「ぼうけんクエスト」「へんがおクエスト&チャレンジ」

コードクラフターズはプログラミング的思考を楽しく学べるコンテンツです。
10月から新しく「コードクラフターズ ベーシック」が追加され、よりプログラミングの基礎的な要素を学べるようになっています。
コードクラフターズベーシック
カワイイ恐竜が宝箱を目指していけるように、ブロックの矢印で指示していきます。
とても簡単なところからスモールステップで進んでいくので、年中の息子でもしっかりと「考えて進める」ということができていました。
クエストにはレベルあるので、本当に幼児~小学生まで楽しくプログラミング基礎が学べます。

さらに、ただのプログラミングでは終わらないのがワンダーボックス。
コードクラフターズでは、プログラミングの要素を使って自由に表現することを大事にしています。
今月は「へんがお」をプログラミングでつくります。
ワンダーボックスコードクラフターズ
目や鼻、口の大きさや位置をボタンの指示で動かしていくことで面白い顔を作ります。
これは、子供も大爆笑です(笑)

プログラミングだけでも習い事として成立する昨今、アプリ教材の一つとして楽しく学習できるのはありがたいと思います。

その他のアプリについて

その他にもおススメのコンテンツばかりです。
指定の図形で絵を完成させる「ピクタネット」は、娘のお気に入りですし、バベロンプラスはシンクシンクアプリと異なり回数無制限で難問に挑戦することができます。

ワンダーボックスピクタネット12月
↑4つの図形で左上の絵を完成させます。意外と難しい…。

ワンダーボックス12月バベロンプラス
↑今月のバベロンはカチッとメダル。じゃまなドクロ?もどかしながら指定のマークにメダルをはめていきます。

他のアプリについて、詳細を知りたい方はこちらの記事に超詳細をまとめていますので是非確認してみてくださいね。

ワンダーボックス始めるなら、今月号と来月号どちらが良い??

12月号も11月号に引き続き、とてもワクワクがギュッと詰まったワンダーボックス
息子も娘も、他の習い事や通信教材も併せてやっていますが、正直積極的に取り組む教材No.1です。
12月号もめいっぱい楽しんでいく予定です。

なお、ワンダーボックスは、時期によって開始月を選択できます
今でしたら1月号か2月号のどちらから開始してもOKです。

どちらが良いか迷ってしまうかもしれません。
正直に言うと、ワンダーボックスは毎月アプリの内容が変わるようになっているので、申し込みがその月の中旬過ぎてしまうなどするとアプリを利用できる日数が単純に少なくなってしまいます。しかも毎月結構なボリュームがあるので、やりきれないかもしれません。

もし絶対に損したくない!という方は次月号から始めると損はありません。
※12/23現在であれば、1月号の申込がオススメです。

ワンダーボックスはこちらの公式ホームページから申し込みできます。1月号と2月号の内容の違いや年間のスケジュールも見ることができます

\一括払いなら「dWFYWebC4jla」入力で8%off/
下記申込ページから紹介コードを入力することで8%OFFが適用になります。
ワンダーボックス公式HP

なお、お得にワンダーボックスに加入できる紹介コードなどキャンペーン情報について、詳しくは下記記事にまとめていますので、ぜひご参照ください